海老名花火大会2018!穴場・駐車場は?屋台やイベント情報も紹介します!

海老名の花火大会は、神奈川県海老名市の夏の一大イベント「えびな市民祭り」のフィナーレを飾る花火大会です。

毎年恒例の花火は2,500発の花火が一気に打ち上がり、海老名市の夜空を彩ります。

海老名運動公園を1日限りのテーマパーク「えび~なランド」と称して朝からさまざまなステージやキッズ向けの体験コーナー、70店舗以上の屋台など広い会場に魅力満載のイベントを用意して迎えてくれますよ♪

今回は、海老名の花火大会2018!の穴場や駐車場、屋台やイベントについてご紹介します。

スポンサーリンク

海老名の花火大会2018!基本情報

◆日程:平成30年7月22日(日曜日)

◆時間:午後7時40分打上げ開始(えびな市民祭りは午前11時 から 午後8時30分 まで) 

◆会場:海老名運動公園

◆アクセス:小田急線・相模線厚木駅から徒歩15分、相模線社家駅から徒歩15分

◆駐車場:周辺3か所に臨時駐車場あり

◆打ち上げ数:2,500発

◆人出数:約15万人

◆お問い合わせ:えびな市民まつり実行委員会事務局 046-235-4794

◆URL:>>海老名市公式HP

海老名の花火大会2018!の見どころ

動画30秒過ぎから、連続して打ち上がる花火は見ごたえたっぷり!

えびな市民祭りの花火は、2,500発の花火が短時間に打ち上がり圧巻です!!
打ち上げ場所がお祭り会場から近く、間近で迫力のある花火を見られるのも魅力的\(^_^)/

海老名の花火大会2018!穴場スポット

旭スポーツ広場

「旭スポーツ広場」は花火をゆっくり見られる穴場スポットになっています。

えびな市民祭りを楽しんだ後に花火を観覧する人が多いため海老名運動公園は人が集中しますが、対岸にある「旭スポーツ広場」は人が少なく打ち上げ場所の相模川から間近で迫力ある花火を楽しむことができるのでおすすめです。

海老名の花火大会2018!シャトルバス情報

無料シャトルバスは海老名駅・海老名市役所と会場間を5~10分おきに出ており、帰りのシャトルバスは、19:30~21:00まで運行。

花火の1~2時間前や花火終了後は毎年大変混雑し、長い行列の進みもあまり速くはないようです。

行きは時間に余裕を持ってシャトルバスで移動し、帰りは海老名駅まで徒歩、というのも一つの手かもしれません。

海老名の花火大会2018!駐車場情報

海老名運動公園の駐車場は交通規制があるため使用できませんが、周辺に上記3か所臨時駐車場があります.

海老名市役所臨時駐車場

住所:海老名市勝頼175-1 ※会場までは無料シャトルバスを利用

中新田小学校臨時駐車場

 

住所:海老名市中新田1-15-1 ※会場まで徒歩16分

社家小学校臨時駐車場

住所:海老名市社家678 ※会場まで徒歩16分

えびな市民祭りは朝から開催されるので周辺は9:30から交通規制が始まっています。

臨時駐車場も朝行けば停められるようですが、もし花火目的で夕方行く場合は周辺の駅からP&Rを利用するか、公共交通機関で行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

海老名の花火大会2018!イベント情報

えびな市民祭り


引用元:http://ebijoy.jp/ebina-shimin-matsuri

メインステージでは、はやし演奏(市内16か所)やみこし練り歩き(市内7地区)など海老名市ならではのステージや音楽ライブが開催されます。

多目的広場ではなんと、真夏に雪で遊べるコーナーがあるんです!

また消防車両の乗車体験や小動物とのふれあいコーナーもあるので、早めに来ても花火の時間までたっぷり遊べそうですね。

海老名の花火大会2018!屋台情報

夏祭りといえば屋台ですね!
70店舗以上ある屋台には海老名市はもちろん、全国各地のご当地グルメや定番の屋台グルメが目白押しです!

海老名市のグルメでおすすめなのは「海老名カレーパン」!
カレーパンに大きな海老フライが挟まっていて食べ応え十分です。見かけたらぜひ食べてみてくださいね!

さいごに

今回は海老名市のえびな市民祭りの花火大会2018について紹介しました。

打ち上げ場所の近くから濃縮した花火が見られるのは嬉しい!
昼間はイベントで遊んで、夜の締めくくりに花火を見ればお子さんも満足できそうです!

みなさんも、えびな市民祭りの花火大会で夏を満喫してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です