五大尊のつつじ公園2018!駐車場・見ごろは?ウォーキングに最適!

五大尊つつじ公園は、埼玉県越生町(おごせまち)にあるつつじの名所です。

2018年ゴールデンウィーク頃、恒例のつつじ祭りが行われる予定です。もともと八十八夜に行われていましたが、昭和30年代から五大尊のお祭りと一緒に開催しています。

美しいつつじと歴史ある五大尊に触れて、素敵な体験をしませんか?

 

※こちらの記事もどうぞ♪
>>関東のつつじの名所【2018】6選!神社など人気スポットの見頃時期や開花状況を紹介!

スポンサーリンク

五大尊のつつじ公園2018!基本情報

◆イベント名:五大尊つつじ祭り(ごだいそん つつじまつり)

◆開催期間:2018年4月21日(土)~5月6日(日)

◆開催時間:9:00~16:00

◆住所:〒350-0411 埼玉県入間郡越生町黒岩303

◆アクセス:
《電車の場合》JR八高線 東武東上線越生駅から徒歩約15分
《車の場合》関越自動車道鶴ヶ島ICから約30分

◆料金:入園料 200円(中学生以上) 駐車料 400円(普通車)

◆お問い合わせ:越生町役場産業観光課 越生町大字越生900番地2 電話049-292-3121

◆URL:>>生越観光navi公式HP

五大尊のつつじ公園2018!見ごろはいつ?

↓山の斜面一面の色とりどりのつつじが美しいです!動画2分6秒過ぎの街並みを見下ろす景色は必見!

つつじの見頃はだいたい4月下旬~5月上旬。この時期に合わせてつつじ祭りが開催されます。

関東屈指のつつじの名所

五大尊つつじ公園は3ヘクタールの敷地に12種類、約10,000株のつつじが植えられています。
その規模の大きさから関東屈指のつつじ園と称されています。

隣接する五大尊

#越生 #五大尊明王

Shohji Hirayama 🌸さん(@digitbike1300)がシェアした投稿 –

五大尊とは、不動、降三世(ごうざんぜ)、大威徳(だいいとく)、 軍荼利(ぐんだり)、金剛夜叉という五大明王の尊称です。
明治時代初期に廃寺した長徳寺に祀られていました。

本堂は平安時代末期に造られ、廃寺後も地域の人々が守っている埼玉県の有形文化財です。

つつじは江戸時代(1700年初め頃)から植栽が始まりました。樹齢300年を超える古木が600本以上あり、公園のつつじと一緒に楽しめます。

五大尊境内には、四国八十八ヶ所を写した霊場コースがあり、四国へ行かなくても巡礼ができます。

スポンサーリンク

ウォーキングにおすすめ!

五大尊つつじ公園頂上より #つつじ #五大尊つつじ公園 #越生

uchidaさん(@uchi.saitamatama)がシェアした投稿 –

公園内には遊歩道と西国・坂東・秩父百観音の写し霊場コースが整備されています。

五大尊の写し霊場と合わせて巡ると御利益があるかもしれません。遊歩道を歩くと小高い丘まで登ることができます。
つつじの花はもちろん綺麗なのですが、その丘の上から眺める越生町の街並みの風景もまた素晴らしい。

つつじの花を観賞しながら、ゆっくりと園内をウォーキングするのに最適。傾斜や段差があるので、歩きやすい靴で行きましょう。水分補給も忘れずに。

五大尊のつつじ公園2018!駐車場情報


引用元:http://www.town.ogose.saitama.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/10/annnaizu.pdf

駐車場は五大尊下駐車場と越生小学校南側駐車場があります。
駐車料金は五大尊下駐車場で普通車400円。

小学校南側駐車場はバス料金が800~1200円かかります。

※2017年の情報です。変わる可能性があります。

さいごに

Kaoru Satoさん(@zuotengkaoru)がシェアした投稿

今回は五大尊つつじ祭りをご紹介しました。

色とりどりのつつじを眺めながらウォーキングを楽しんだり、写し霊場を巡りながら神聖な気分を味わえたりと身も心もリフレッシュできそうです。

ゴールデンウィークはぜひとも足を運んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です