東京の桜の名所ランキング2018!人気スポットの開花状況やライトアップ情報も!

寒かった冬も終わり、待ちに待ったお花見シーズン到来です\(^_^)/

今回は都内にスポットをあて、人気お花見スポットを6つ、ランキング形式にしてご紹介したいと思います!
デートでも友達同士でも、もちろんご家族でも楽しめる桜まつりがいっぱいです♪

是非、参考にしていただけたら!と思います(≧▽≦)

スポンサーリンク

東京の桜の名所ランキング2018!

6位 飛鳥山公園の桜・東京都北区

◆公園:飛鳥山公園

◆桜まつり開催期間:3月31日(土)・4月1日(日)さくらSA*KASOまつり

◆入園料:無料

◆ライトアップ期間:3月21日前後~4月9日前後(桜の開花状況による)
◆ライトアップ時間:17:30~21:00

◆住所:東京都北区王子1-1-3

◆アクセス:JR王子駅から徒歩3分/東京メトロ南北線王子駅から徒歩5分/都電荒川線飛鳥山駅から徒歩2分

◆駐車場:21台分(150円/30分)

◆お問い合わせ:北区道路公園課 03-3908-9275

 

昭和の雰囲気が残る都電荒川線に乗っていくと、江戸時代から庶民に親しまれ続けている桜の名所である飛鳥山公園に着きます。

東京都北区の飛鳥山公園には、約600本もの桜の木が、ソメイヨシノ・サトザクラなどを中心に植えられています。
例年、3月下旬から4月上旬にかけての土日で「さくらSA*KASOまつり」が開催され、出店や園内で遊ぶ子供達で賑わいます。

「北とぴあ」という展望タワーからは、東京都を一望!
この展望台から見下ろす飛鳥山もまた、桜であふれかえる宝石箱のように眼下に光ります。

5位 上野公園の桜・東京都台東区

◆公園:上野恩賜公園

◆イベント名:うえの桜まつり2018

◆開催期間:2018年3月21日(水・祝)~2018年4月8日(日)
※日程は予定です(桜の開花状況によります)

◆時間:入園自由(23:00~翌5:00立ち入り禁止)

◆住所:東京都台東区上野公園

◆アクセス:JR上野駅/京成線京成上野駅/東京メトロ線上野駅公園口から徒歩すぐ

◆お問い合わせ:03-3828-5644

◆URL:上野恩賜公園公式ホームページ

 

桜並木が全国的に有名な上野公園。約1200本もの桜の木が植えられています。
うえの桜まつり期間内に毎日17:00~20:00で、園内に1000個以上ボンボリが点灯されます。

公園内にさまざまな種類の屋台が、さらに青空骨董市などのイベントもあり、花見客と合わせて1日数十万という人出に。

毎年お花見の時期になると、上野公園では桜マップを配布します。おとずれた人は地図を見ながら、園内の桜を散策することができますよ。

4位 隅田公園の桜・東京都台東区

◆公園・桜まつり名称:隅田公園桜まつり

◆開催期間:平成30年3月20日㈫から4月8日㈰(桜の開花状況によります)

◆住所:東京都台東区浅草7丁目1-22

◆アクセス:都営浅草線『浅草』駅より徒歩5分/東武線『浅草』駅より徒歩3分/東京メトロ銀座線『浅草』駅より徒歩3分/つくばエクスプレス線『浅草』駅より徒歩10分

◆お問い合わせ:浅草観光連盟03-3844-1221

 

◆公園・桜まつり名称:墨堤さくらまつり

◆開催期間:2018年3月17日(土)~4月10日(火)

◆時間:10:00~21:00頃(曜日によって変動あり)
※ライトアップ時間:18:00~21:00 (2018年3月21日~4月10日まで)

◆住所:東京都墨田区向島1丁目・2丁目・5丁目

◆アクセス:首都高向島ICより、500m/都営浅草線『本所吾妻橋』駅より徒歩10分/東武スカイツリーライン『とうきょうスカイツリー』駅より徒歩10分

◆お問い合わせ:一般社会法人・墨田区観光協会03-5608-6901

 

墨田区主催の『隅田公園桜まつり』と、台東区主催の『墨堤桜まつり』。

隅田川が墨田区と台東区にまたがっているため、隅田川沿いの桜まつりは2つの名前があります。
どちらの桜まつりもほぼ同時期に行われるため、期間内は川沿いが一気ににぎわいます。

例年では、桜は3月中旬から下旬にかけて開花を始め、気温によって多少の左右はあるものの、4月上旬の入学式の時期に満開を迎えます。

東京都観光汽船から隅田川の両岸に咲き誇る桜を眺めるための、『お花見船』『夜桜船』が出航されます。
墨堤の1000本桜や隅田公園のお花見とともに、ライトアップされたスカイツリーまで眺めることのできるのでおススメです!

スポンサーリンク

3位 千鳥ヶ淵の桜・東京都千代田区

◆桜まつり名称:千代田桜まつり

◆開催期間:3月下旬~4月上旬

◆ライトアップ時間:日没~22:00

◆住所:東京都千代田区九段南2

◆アクセス:東京メトロ九段下駅より徒歩5分

◆お問い合わせ:千代田区観光協会03‐3556‐0391

◆ホームページ:>>千代田区観光協会HP

 
都内でも有名な桜の名所である皇居。
なかでも千鳥ヶ淵遊歩道からみる、皇居のお濠沿いの桜は圧巻です。

千代田区桜まつりは、千鳥ヶ淵縁道から靖国神社にかけて開催されます。

期間中にはボート屋の夜間営業や、桜のライトアップ、そして靖国神社会場での桜フェスティバルが開催されます。

2位 六義園の桜・東京都文京区

◆「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」の開催:
2018年0年3月21日(水・祝)~4月5日(木)9時~21時(最終入園は20時30分まで)

※期間中は駒込駅徒歩2分の染井門が開門されます
※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域あり

◆ライトアップ時間:日没~21時

◆桜イベント時の開園時間:9:00~21:00(通常時は9:00~17:00)

◆住所:東京都文京区本駒込6丁目

◆アクセス:JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅(N14出口)より徒歩7分/都営地下鉄三田線千石駅(I14出口)より徒歩10分

◆お問い合わせ:03-3941-2222(六義園サービスセンター)

◆URL:六義園公式HP

 

国の特別名勝に指定されている六義園(りくぎえん)。

3月下旬、庭園正門近くの高さ15m・幅20mの大きなしだれ桜が満開になる様子は、桜の花が滝のように流れ落ちていくようで圧巻です。
通常、ソメイヨシノよりも一足先に見頃を迎えるしだれ桜の開花期間は、夜桜も堪能できます。

門をくぐって目にとびこんでくる桜の存在感に、ため息が漏れること間違いありません。
日本人はもちろんの事、和文化を愛してくれる外国人観光客にも人気です。

1位 目黒川の桜・世田谷区~目黒区

◆開催期間:3月下旬~4月上旬(桜の開花状況による)

◆ライトアップの時間:日没~21:00

◆場所:東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9付近

◆アクセス:
・JR山手線目黒駅・東急目黒線不動前駅から徒歩5分
・東急東横線・地下鉄中目黒駅・東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩2分

◆混雑状況:特大

◆お問い合わせ:目黒観光まちづくり協会03-5722-6850

 

都内の目黒川沿いの桜まつりは、東京都内でも日本でも堂々の第一位として知られています

桜まつりの開催時期は、桜の開花状況によって前後します。
例年通りであれば3月の下旬から4月の上旬にかけて、桜の開花とともに始まります。

目黒川の天神橋から宝来橋までの約700メートルの区間は、日没~21:00までライトアップされます。

目黒川に覆いかぶさるように咲く桜のアーチが、ぼんぼり提灯の灯りによってとても幻想的!
昼間とはまた違った魅力をみせてくれます。

目黒川を遊覧する花見クルーズ、貸し切りクルーズもおすすめです!

まとめ

以上、東京の桜の名所ランキング2018!人気スポットの開花状況やライトアップ情報も!をご紹介しました。

ここでおさらい。

6位 飛鳥山公園の桜・東京都北区
5位 飛鳥山公園の桜・東京都北区
4位 隅田公園の桜・東京都台東区
3位 千鳥ヶ淵の桜・東京都千代田
2位 六義園の桜・東京都文京区
1位 目黒川の桜・世田谷区~目黒区

屋形船や夜桜クルーズ、スカイツリーとの競演などなど、楽しめるポイントが盛りだくさんでしたね!

まだまだ都内でも桜を堪能できるところはたくさんありますので、どんどん追記していきたいと思っています\(^_^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です