関東のつつじの名所【2018】6選!神社など人気スポットの見頃時期や開花状況を紹介!

琴子
桜の次は「つつじ」よね!!

みんなを楽しませてくれた桜も終わり、関東では例年4月中旬から5月上旬のゴールデンウィークにかけて「つつじ」が見頃を迎えます。

桜の淡いピンクも本当にきれいですが、赤・ピンク・紫・白など様々な色彩のつつじも5月のさわやかな空に映えて美しいですよね!!

今回は関東にスポットをあて、2018年人気のつつじの名所・6選をご紹介したいと思います!

お花めぐりのデートでも友達同士でも、もちろんご家族でも楽しめるつつじの名所がいっぱいです♪
是非、参考にしていただけたら!と思います(≧▽≦)

スポンサーリンク

関東のつつじの名所【2018】6選!

1.根津神社文京つつじ祭り:東京都文京区

◆イベント名:文京つつじ祭り2018

◆開催期間:2018年4月7日(土)~5月6日(日)(期間外はつつじ苑には入れません)

◆開催時間:9:00~17:30

◆住所:東京都文京区根津1-28-9 根津神社内つつじ苑

◆アクセス:
・東京メトロ千代田線「根津」駅・「千駄木」駅、南北線「東大前」駅より徒歩5分
・都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩10分

◆料金:寄進料として200円(根津神社へは無料)

◆お問い合わせ: 03-3822-0753(根津神社)

◆サイト:根津神社公式HP >>根津神社公式HP

 

文京つつじ祭りは文京区の「花の五大まつり」の一つでもあり、約2,000坪のつつじ苑には100種類3,000株ものつつじが植えられています。

種類も豊富で早咲きのものから遅咲きのものまでが順に咲いていくため、長期間に渡って楽しめるのが特徴です。

毎年つつじ祭りの期間中に設置され名物となっている「甘酒茶屋」では、甘酒と酒まんじゅうが人気。
権現太鼓(ごんげんだいこ)や、かっぽれパレードなど見どころも盛りだくさんです!!

2.山のホテルつつじ・しゃくなげフェア:箱根

※2017年の情報をもとに記載しています。2018年の詳細が分かり次第更新していきます!

◆イベント名:箱根・小田急山のホテル「つつじ・しゃくなげフェア2018」

◆開催期間:例年5月1日~5月下旬 ※つつじの開花状況により変更あり

◆開催時間:9:00~17:00

◆住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80

◆アクセス:
高速バス新宿バスセンターより「箱根小田急山のホテル」バス停下車すぐ
「小田原駅」または「箱根湯本駅」より箱根登山バス(H路線)で「元箱根港」下車徒歩約15分 
※ホテル利用者には「元箱根港海賊船のりば」から無料送迎バスあり

◆入園料:800円(ホテル宿泊の場合 無料)

◆お問い合わせ:0460-83-6321

◆駐車場:約100台(無料)

◆サイト:>>小田急山のホテル公式HP

 

小田急箱根・山のホテルの広大な庭園に植えられたつつじとしゃくなげは、専任の庭園スタッフが守ってきた100年以上の歴史ある花たちです。
期間前半は約30種3000株のつつじが、期間後半は20種300株のしゃくなげが見頃をむかえます。

天気が良くて空気が澄んでいるときには富士山とつつじを写真に収めることができます。
つつじ越しの芦ノ湖を臨むポインも絵画のような絶景です!

3.六義園のつつじ:東京都文京区

◆公園名:六義園(りくぎえん)「春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~」

◆開催期間:2018年4月14日㈯~5月6日㈰

◆開園時間:9時~17時(最終入園は16時30分まで)
※ゴールデンウィーク期間中(4月28日~5月6日)は開園時間を18時まで延長(最終入園は17時30分)。
※4月14日、15日、21日、22日及びゴールデンウィーク期間中は駒込駅から徒歩2分の染井門が開門されます。

◆住所:東京都文京区本駒込6丁目

◆アクセス:
・JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
・都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分

◆料金:一般 300円・65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
※5月4日(みどりの日)は無料公開日

◆お問い合わせ:TEL 03-3941-2222 六義園サービスセンター

◆URL:六義園公式HP

 

東京都文京区にある六義園のつつじは江戸時代に植えられ、見ごろには約30種1000株の色とりどりのつつじが咲き誇り、大名庭園や藤代峠から見る景色は絶景です。

ゴールデンウィーク期間中も見ごろが続き、園内では専門家によるつつじの特別ガイドや解説パネルの展示など、つつじを楽しむイベントも開催されます。

吹上茶屋の近くには、「八重霧島」という品種の赤いつつじも見どころの一つです。

スポンサーリンク

4.金尾山つつじ祭り:埼玉県寄居町

◆イベント名: 金尾山つつじまつり2018

◆開催期間:例年4月中旬~5月上旬
※2018年は日程が発表され次第更新します。
※2017年は4月16日(土)~5月5日(木・祝)でした。

◆住所:〒369-1236埼玉県寄居町金尾 旧分校跡地

◆アクセス:
《電車》秩父鉄道線「波久礼駅」下車 徒歩20分
《車》越後自動車道・花園ICから国道140号を秩父方面へ20分/駐車場・19台分あり

◆料金:平成25年度より入り口にて活動協力金200円をお願いしています。

◆お問い合わせ:
・寄居町観光協会金尾支部・TEL(048)-581-5701
・寄居町観光協会・TEL(048)-581-3012

◆公式HP:>>寄居町公式HP

 
埼玉県の西部にある金尾山の山頂付近には、約3ヘクタールもの広さに植えてある約1万株のヤマツツジが保護され、中には樹齢200年を超えるものも!

真っ赤なつつじで燃え立つ山々は、関東有数のつつじ山であると評判で、山頂には展望台もあり寄居や長瀞の町並みが一望できます。

山頂にある愛宕神社の例祭(4/29のみ)祭典では獅子舞奉納も行われ、観光客を魅了♪
また、秩父鉄道では、4/29に特別ヘッドマークをつけたSLパレオエクスプレスが下りのみ波久礼駅に臨時停車されます。

5.五大尊つつじ祭り:埼玉県入間郡越生町

◆イベント名:五大尊つつじ祭り(ごだいそん つつじまつり)

◆開催期間:2018年4月21日(土)~5月6日(日)

◆開催時間:9:00~16:00

◆住所:〒350-0411 埼玉県入間郡越生町黒岩303

◆アクセス:
《電車の場合》JR八高線 東武東上線越生駅から徒歩約15分
《車の場合》関越自動車道鶴ヶ島ICから約30分

◆料金:入園料 200円(中学生以上) 駐車料 400円(普通車)

◆お問い合わせ:越生町役場産業観光課 越生町大字越生900番地2 電話049-292-3121

◆URL:>>生越観光navi公式HP

 

五大尊つつじ公園は、埼玉県越生町(おごせまち)にあるつつじの名所。

3ヘクタールの敷地に12種類、約10,000株のつつじが植えられています。その美しさと規模の大きさから、関東屈指のつつじ園と称されています。

五大尊には五大明王も祀られているので、色とりどりのつつじを眺めつつ写し霊場を巡りながら神聖な気分を味わえたりと、身も心もリフレッシュできますよ!

6.湘南国際村のつつじ:神奈川県三浦郡葉山町

◆イベント名:湘南国際村フェスティバル2018

◆開催期間: 2018年5月3日(木・祝)~5月5日(土・祝)

◆開催時間: 9:00~16:00

◆住所: 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39

◆アクセス:
京急汐入駅からバス「湘南国際村センター前行」(約35分)終点下車、徒歩約20分
JR逗子駅・京急新逗子駅(南口)からバス「湘南国際村センター前行」(約30分)終点下車

◆料金: 無料

◆お問い合わせ:株式会社湘南国際村協会 TEL:046-855-1800

◆公式HP:>>湘南国際村公式HP

 

湘南国際村では、「かながわ花の名所100選」に選ばれたつつじが数多く植えられているのをご存じですか?

湘南国際村では、つつじが見頃のゴールデンウィーク期間中にフェスティバルを開催!

講演会・お笑いライブ・ワークショップ・物産販売・展示など、子どもから大人まで楽しめるイベントになっていて、敷地の周りにはキリシマツツジ・クルメツツジ・ヤマツツジなど、10万株のツツジが植えられています。

園内から湘南海岸が一望でき、富士山・伊豆大島が見える景色は必見です!

まとめ

以上、「関東のつつじの名所【2018】6選!神社など人気スポットの見頃時期や開花状況を紹介します!」をお伝えしました。

ここでおさらい。

1.根津神社文京つつじ祭り:東京都文京区
2.山のホテルつつじ・しゃくなげフェア:箱根
3.六義園のつつじ:東京都文京区
4.金尾山つつじ祭り:埼玉県寄居町
5.五大尊つつじ祭り:埼玉県入間郡越生町
6.湘南国際村のつつじ:神奈川県三浦郡葉山町

さわやかな五月晴れのなか、赤やピンク・白などの色とりどりのつつじをゆっくりと楽しんで、忙しい日常から解放されましょう!

まだまだ関東でつつじを堪能できるところはたくさんありますので、どんどん追記していきたいと思っています\(^_^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です