上野公園の桜2018!見ごろと開花状況は?屋台やライトアップも!

世界的に有名な上野動物園に隣接する上野恩賜公園。

広大な敷地をほこる上野公園の桜並木は日本の名所の一つで、毎年多くのお花見客でにぎわいます。

桜満開の3月中旬から4月上旬にかけて「うえの桜まつり」と称する桜イベントが催され、東京都内外から多くの人がおしよせます。

そんな上野公園の2018年度の桜の開花状況を調べてみました。

うえの桜まつり目当てで訪れる多くの花見客に向けた、屋台やライトアップなどのイベント情報も、ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク

上野公園の桜2018!うえの桜まつり基本情報

◆公園:上野恩賜公園

◆イベント名:うえの桜まつり2018

◆開催期間:3月中旬から4月上旬

◆時間:入園自由(23:00~翌5:00立ち入り禁止)

◆住所:東京都台東区上野公園

◆アクセス:JR上野駅/京成線京成上野駅/東京メトロ線上野駅公園口から徒歩すぐ

◆お問い合わせ:03-3828-5644

◆URL:上野恩賜公園公式ホームページ

上野公園の桜2018!開花予想・見ごろ時期

上野公園には約1200本もの桜の木が植えられています。
2017年には、3月18日から4月9日まで「うえの桜まつり」と称する桜をめでるイベントが催されました。

桜の開花状況によって、うえの桜まつりのイベント期間は前後します。
2018年度の桜まつりの正確な期日がわかり次第、更新していきますね。

スポンサーリンク

上野公園の桜2018!うえの桜まつりの見どころ

上野公園の桜は、江戸時代に天海僧正が吉野山からはるばる移植をさせたもの。
江戸一番の桜の名所として、今日まで都民に愛され続けています。

うえの桜まつりは、そんな上野公園が「上野大観光祭」と称して祝う、年間の中でも有数の大イベントです。
以下に、うえの桜まつりで2017年に行われた見どころを紹介していきます。2018年度にも同様の催しが計画されていると予想されるため、参考にしてください。

夜間のボンボリ点灯

サクラ開花宣言より、桜まつり期間内に毎日17:00~20:00で園内にボンボリが点灯されます。
その数なんと1000個以上というから驚きです。

暗闇に浮かび上がる夜桜の幻想的な姿は、まさに日本の「美」の象徴。桜まつり期間内に、一気に膨れ上がる入園者数に対する、防犯対策の一端をも担っています。

祭囃子と寿獅子

2017年度では、3月26日に14時から、園内にある清水観音堂境内にて、祭囃子と寿獅子のイベントが行われました。日曜日の午後だったため、大勢の人が押し寄せたそうです。

青空骨董市

2017年度では、うえの桜まつりの期間内に、園内で青空骨董市がひらかれました。
朝の10:00~夜の20:00まで、長時間たっぷりと市が開かれていたので、お花見に訪れた人でにぎわいました。

骨董市は夜遅くまで開いていたので、花見に来たついでにちょっとのぞきに行く人も多かったでしょうね。

遊戯・飲み物店

桜まつりの期間内、公園内にさまざまな種類の屋台がひらきます。まさに400年続くお花見のお祭り期間。

お花見には敷物と飲み物だけ持参して、食べ物は屋台で調達する、なんて人もいるかもしれませんね。
昔ながらの遊戯の屋台も点在するため、家族連れのお花見の場合は、子どもも退屈せずに済みそうですね。

◆上野公園桜マップの配布

毎年お花見の時期になると、上野公園では桜マップを配布します。おとずれた人は地図を見ながら、園内の桜を散策することができます。

上野公園の桜2018!おすすめスポット

上野公園の中心には、大噴水があります。噴水の周りを見わたすと、東京国立博物館・国立西洋美術館・東京文化会館・東京都美術館という由緒ある芸術系の建物がずらり。

噴水から西の不忍池の方を見ると、広大な桜並木が池まで続きます。

上野公園に桜を見に来たのならば、この桜並木だけは歩いてほしい!花見の期間には沢山の花見客が並木沿いに場所を取り合うので、ゆっくりと歩きたい方は早い時間に行くといいでしょう。

混雑状況

上野公園は花見のベストスポット。逆に花見と言えば「上野公園!」というくらいの規模ですよね。

そのためうえの桜まつりの期間には、驚くほど多くの花見客が、広大な上野公園の敷地を埋め尽くします。
そのうえ桜まつりに来た観光客目当ての屋台や出店も多数。

土日祝日は昼から夜21:00くらいまで混雑し、平日も「空いてる」とはいいがたい状況…。
つまり、うえの桜まつりの期間内は、ほぼいつも混雑していると言っても過言ではありません。

どうしても人が少ない状況で、花見を楽しみたいという方は、屋台や市が出る前の早朝から10:00頃に行ってみてはいかがでしょうか。

上野公園の桜2018!周辺情報

お花見を楽しむために上野公園に来たのならば、是非とも行っていただきたい観光名所が周囲にたくさんあります!
駆け足での紹介になりますが、興味のある方は是非とも足を運んでみてください。

・上野動物園
・東京国立博物館
・国立西洋美術館
・東京文化会館
・東京都美術館
・国立科学博物館

園内には、見どころがぎっしりです。施設と施設を移動しながら、広大な桜並木を楽しんでくださいね。

まとめ

上野公園の2018年度の桜まつりについて、昨年度の桜まつりの情報をもとに予想&紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

400年の歴史を誇る、都民の愛する桜並木を、是非ともおとずれてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です