ちず絵本ではじめて広い世界に触れてみよう

地図絵本

我が家の現在小4の長女がまだ幼かったころ、おそらく初めて購入した知育系の絵本。

 【こどもがはじめてであう にっぽんちず絵本】
 【こどもがはじめてであう せかいちず絵本】

戸田デザイン研究所「とだ こうしろう」さんのやさしいイラストとひらがなの絵本は皆さんも書店等で一度は目にされたことがあるかと思います。

まだ幼かった長女に「理解するのはまだ無理だろうけど、この原色いっぱいの地図をみて楽しんでくれて、いずれは地図として認識し、この絵本から色々学んでくれたらいいなぁ」と考えながら買い与えたのを思い出します。

にっぽんちず絵本

我が家の長女もはじめは、絵本をめくりながら、動物や果物を指さして「うしさーん」「みかんだぁ」などと楽しんでいました。

そのうちににっぽんちず絵本を見ながら「ほっかいどう」を覚えました。

「ほっかいどうっておっきいねぇ」や「ほっかいどうってさむいんでしょう?」とも。

「おぉ!!!ついに地図として見てくれているではないかっ」と私、感動。。。

この絵本、ほんわかイラストからは想像できないくらい内容の濃いものとなっております。

 日本の中でいちばんひろいのは?上位4つ

  ①ほっかいどう
  ②いわてけん
  ③ふくしまけん
  ④ながのけん

日本の中でいちばんちいさいのは?上位4つ

  ①かがわけん
  ②おおさかふ
  ③とうきょうと
  ④おきなわけん

と、まあこんなふうに大人でも即答できないクイズがあったり。

他にも、山の高さ比べ、川の長さ比べ、湖の深さ比べ、トンネルの長さ比べ、など。

男の子が喜びそうな鉄道、新幹線、高速道路にも触れていますし、日本の動物も可愛いイラストと共に楽しめます。

日本列島の特徴、ほそくなが~い国で、まわりは海に囲まれていること。

さらに1都1道2府43県にわかれていて、北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国・四国地方、九州地方、沖縄のそれぞれの特徴を子供向けに簡単かつ分かりやすく説明しています。

大人の私も「ほほぅ」と初めて知ることや楽しいことが書かれています。

せかいちず絵本

さらに視野を広げて『せかいちず絵本』。

こちらも同様にカラフルな絵とわかりやすい文章で知らない国を楽しく紹介しています。

アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オセアニアに触れています。

なんと、1991年にソビエトがなくなったことも書いてあります。

最初のページの1行目。「よるのそらをみてごらん。」という始まり。

最後のページの最後の行。「きみやぼくのじんせいは、ほんのいっしゅんにすぎない。だいじにいきよう。」

ふ、深い。。。単に地図としてだけではなく、世界の国のこと、自然のこと、宇宙をみながら人生まで考えさせられる、素敵な絵本です

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です