ゲンキの時間でスリスリトントン体操のやり方を朝田隆先生が紹介!

2021年5月16日放送のゲンキの時間でスリスリトントン体操のやり方について紹介されました!

教えてくれたのはメモリークリニックお茶の水院長の朝田 隆先生です。

2025年に認知症を発症していると推定される65歳以上の割合は、5人に1人といわれています。

私たちの身近な問題ですので、今のうちから正しい知識を学んで実践していきましょう!

スポンサーリンク

ゲンキの時間!スリスリトントン体操

スリスリトントン体操の効果や、体操のやり方を順番に解説していきます。

スリスリトントン体操の効果の理由

スリスリトントン体操は左右の手で違う動きをすることで、少し混乱する事が脳への刺激となり、認知症予防が期待できるそうです。

スリスリトントン体操のやり方

1)右手は太ももなどをスリスリとさする動作、左手はトントンと叩く動作を行う

2)ハイ!という掛け声とともに左右の動作をチェンジする

3)左右の動作チェンジを繰り返す

ポイント:この体操は上手にできなくてもOK!そのため、上手くできなくても1日1回5分程度、楽しみながら行いましょう。

スポンサーリンク

ゲンキの時間!スリスリトントン体操のやり方まとめ

以上「ゲンキの時間でスリスリトントン体操のやり方を朝田隆先生が紹介!」をお届けしました。

慣れるまでは少し難し動きかもしれませんが、上手にできなくてもOK!というのが嬉しいですね!

家族みんなで楽しくできたらいいなと思います^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA