ニノさん【コーヒーの入れ方で劇的に味が変わる!コーヒー上級者になるための技】

2021年06月27日放送の【ニノさん】で劇的に味が変わるコーヒーの入れ方について紹介されました!

世界一に輝いたバリスタの井崎英典さんに美味しいコーヒーの入れ方を教えてもらいました。

在宅時間が増加し、家でコーヒーを入れることが増えていませんか?

劇的に味が変わるコーヒーの入れ方を参考に、今日から美味しくコーヒーを入れてくださいね。

スポンサーリンク

劇的に味が変わるコーヒーの入れ方

コーヒーの入れ方さえ、きちっと勉強すれば本当においしくなるそうです。

自分に合った豆の選び方

コーヒー豆はたくさんの種類があり、焙煎度合い(豆の色の濃さ)によって自分好みの豆を見つけることが重要です。

焙煎度合いでコーヒーを選ぶことがポイントになります。

◆浅煎り・・・酸味が強い
 ポリフェノールが豊富で、眠気を覚ます効果が期待でき、朝食に飲むのがおすすめです。
◆深煎り・・・苦味が強い
 ビタミンB3でもある、ニコチン酸が豊富でリラックス効果が期待でき、夕食後に飲むのがおすすめです。

※焙煎度合いをみて自分好みの豆を選んでください。

コーヒー豆は正確に量る

・100mlのお湯に対し、6g~8gのコーヒーの粉の割合にします。

・重さが表示されるはかりを使って正確に量ります
【ポイント】計量スプーンでは正確に量れないので面倒くさがらずはかりを使う

均等な大きさで豆をひくべし

コーヒー豆をひいた粒の大きさにばらつきがあると、豆の成分を均一に抽出することができなくなります。

粒がそろってひけるグラインダーを準備しましょう。

高いグラインダーほど粒が安定しているそうです。

※美味しいコーヒーを飲みたいならとことんこだわってみてください。

バリスタの井崎さんが愛用する手動のグライダーは約35,000円するとのことでした。

お湯を3回に分けて注ぐべし

お湯は20%・20%・60%で注いでいきます。

◆1投目
1回目でコーヒー豆をしっかり蒸らします

1)およそ30秒でお湯を細くゆっくり真ん中から円を描くように注いでいきます
 
2)注ぎ終わったら器を揺らして、粉を均等にぬらし、豆の甘味とコクを引き出します

3)30秒コーヒーを蒸らします

【ポイント】注ぐ・揺らす・蒸らすを1分で行う

お湯がなくなりドリップしきったら2投目へ

◆2投目
2投目は本抽出になります

※1投目と同様にお湯を1分間で注ぎます

フィルターの側面にもしっかりお湯をかけ、真ん中に戻っていき、くるくると円を描くように外にお湯を回していきます

【ポイント】粉全体から均一に抽出するために、粉・フィルターにお湯をかける

お湯がなくなりドリップしきったら3投目へ

◆3投目
1)2投目より少し早めにお湯を注ぎます

2)2投目と同様にフィルターの側面にしっかりお湯をかけ、真ん中に戻っていき、くるくると円を描くように外にお湯を回していきます

3)お湯を注ぎきります

4)カップにそそいで完成です

絶品のコーヒーの出来上がりです!!

スポンサーリンク

劇的に味が変わるコーヒーの入れ方のまとめ

劇的に味が変わるコーヒーの入れ方についてまとめました!

香り・酸味・苦味が絶妙のコーヒーです。

コーヒーは入れ方によって味が変わりますね。
美味しくできた際はその味に引き込まれてしまいます。

是非参考になさってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA