ZIP【電気代節約術!ご飯の温めは電子レンジと炊飯器どっちがお得?】

2021年5月19日放送のZIPで電気代節約術について紹介されました!

おうち時間が増えた今、気になる電気代節約術をプロの和田由貴さんが伝授してくれました。

ぜひ参考になさってください。

電気代節約術

電気代節約のポイントは「消費電力が高いもの」「消費電力が多いもの」 を重点的に見直すことでかなり節約になります。

・消費電力が高い家電:電子レンジ・ IH クッキングヒーター・エアコン
・消費電力が多い家電:冷蔵庫・テレビ・

炊飯器の節電

炊飯器の節電のポイントは、できるだけ保温の時間を短くして使用すること。

残ってしまったご飯はラップなどを使い、冷めた状態を電子レンジで加熱することにより節電効果が期待できます 。

炊飯器で2時間を超えて保温する場合には、電子レンジで温めた方が電気代節約になるということです。

意外と炊飯器の保温て電気代がかかるんですね!

さらに、冷凍ご飯を作る時の形ですが四角ではなく、丸く平らにラップで包むと効率的に温めなおすことができます。

温水洗浄便座

温水洗浄便座も意外と電気代のかかるものです。

まず便座の蓋ですが、温度が下がってしまうので必ず蓋をした状態を保つことが大事です。

便座の蓋を閉めるだけで、年間約940円の節約につながります。

さらにお得になるポイントとしてプラグを使用する方法もあります。

・ミニスマート wi-fi プラグ HS 105:1760円

このプラグをコンセントと家電製品の間に挟んで使用します。

アプリをインストール→ wi-fi 接続→設置完了。

こうすることでスマホによる遠隔操作が可能になり電源の ON OFF が離れたところで出来るようになります。

さらにタイマー機能も使えます。

こうすると待機電力の節電になりますね!

冷蔵庫

冷蔵庫の側面や上部は放熱スペースを空ける必要があります。

放熱スペースは何もないのがベストです。

冷蔵庫は壁にくっつけず約2㎝以上の隙間を空けて設置するのが望ましいとのこと。

このように適切な放熱スペースを空けるだけで、年間約1220円もの節約につながります。

さらに冷蔵庫の中ですが温度調節機能は、季節に合わせて温度調節するのが大事です。

夏は強・秋や春は中・冬は弱にするのがおすすめ。

季節によって調節することで、年間約1670円の節約になります。

テレビ

テレビは画面の明るさ=バックライトの明るさによって消費電力が変わります。

テレビ画面の画質の調整メニューにある「バックライト」の数値をチェックしましょう。

バックライトが明るいほど消費電力が多く、電気代がかかってしまいます。

検証の結果、バックライトのスタンダードモードは98 W、 ダイナミックモードは133 W という結果になりました。

ダイナミックモードからスタンダードモードに変更するだけで、年間約1730円の節約になります。

ちなみに、 ほとんどのテレビには明るさのセンサーが搭載されています。

明るさのセンサーをオンにすれば、自動で調節もしてくれますよ。

ZIP!電気代節約術まとめ

以上、ZIP【電気代節約術!ご飯は電子レンジと炊飯器どっちがお得?】をご紹介しました。

我が家も冷蔵庫の放熱スペースをきちんと開けていなかったので、改善しようと思います。

炊飯器や電子レンジ、冷蔵庫など身近な家電を見直すことで年間の電気代をお得に節約していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA