厚木鮎まつり花火大会2018の穴場スポット5選!有料観覧席・屋台情報も!

鮎まつり花火

今年の夏も、「あつぎ鮎まつり大花火大会」が開催されます!

「あつぎ鮎まつり」の目玉として行われる、神奈川県内有数の規模を誇る花火大会。2018年、72回目を迎えます。
私は結婚前、厚木市のお隣、相模原市に住んでいたので、何回か行ったことがあります。

この「鮎まつり大花火大会」は、多彩な演出の10000発の花火で観客を飽きさせません!!

連続花火スターマインで華々しくオープニング、大玉や創作花火をはじめ大迫力の花火が次々と打ち上げられます。そしてフィナーレ、県下最大級のナイアガラの滝は絶対に見逃せません!!

今年は、実家に寄りながら久しぶりに行ってみようと思い、「2018年鮎まつり大花火大会」最新情報を詳しくまとめましたのでご紹介していきます。

スポンサーリンク

鮎まつり大花火大会2018の基本情報

あつぎ鮎まつり大花火大会は、毎年多くの見物客で大変賑わいます。1万発の花火は神奈川県でも5本の指にはいる大きな花火大会です。

花火大会だけでなく、お昼前から「鮎のつかみ取り」や「戦隊ヒーローショー」などもあり、家族連れにも大人気のお祭りです。

◆イベント名 第72回 あつぎ鮎まつり大花火大会

◆開催日時 2018年8月4日(土)19:00~20:30 ※荒天の場合は翌日8月5日(日)に延期

◆開催場所 神奈川県厚木市 相模川・中津川・小鮎川の三川合流地点

◆昨年の人出 53万人

◆打上玉数 約10,000発(予定)

◆お問い合わせ 045-295-5496(あつぎ鮎まつり実行委員会)

◆アクセス 小田急線本厚木駅駅より徒歩約15分

◆URL:⇒厚木市観光協会HP

鮎まつり大花火大会2018の見どころは?

歴史ある「あつぎ鮎まつり大花火大会」は「かながわのまつり50選」の一つに選ばれています。
さらに関東の人気花火大会ランキング、第6位!!

金色に輝くナイアガラの滝、色とりどりのワイドスターマインの両方が楽しめる映像はこちら♪
ナイアガラの火花が川に散っていく光景、見ましたか?相模川の両岸を結ぶ、この距離のナイアガラは必見です!

鮎まつり大花火大会2018の有料観覧席情報・特典は?

河川敷はベスト鑑賞エリアであるため、大混雑が起こるのは確実で、16時以降には入場制限がかかってしまいます。
場所取りは当日の早朝から行われており、昼ごろにはシートで埋まっている状態となります。

場所取りの心配もなく、ベストポジションからのんびり花火を楽しめますので、有料観覧席は毎年、大人気!
あつぎ鮎まつり大花火大会には2か所の有料観覧席があります。

2017年の情報をもとに記載しています。変更等ありましたらわかり次第更新します!

第1エリア(相模川河川敷三川合流前)

ナイアガラから100m、大玉打ち上げ場所から200mの至近距離。特等席です。
ド迫力で花火を楽しむことが出来ます。

・2人シート:6000円(150㎝×150㎝)
・4人シート:10000円(180㎝×180㎝)

第2エリア(相模川河川敷あゆみ橋上流)

前売り券では、先着順で前方の良い席から埋めていくので、お早めの購入を!
席の場所により、ナイアガラの一部が欠けてしまう可能性あり。頭上にあがる大玉花火は問題なく楽しめます。

・2人シート:5000円(150㎝×150㎝)
・3人シート:6500円(180㎝×180㎝)
・4人シート:8000円(200㎝×200㎝)
・5人シート:9500円(220㎝×220㎝)

※4人シートの一部と5人シートのすべてで、三脚や椅子持ち込み可のフリースペースがあります。
※飲食物の販売は第1エリアのみとなっています。第2エリアには飲食物の販売がありませんので予め購入してから観覧席に行きましょう。

有料観覧席の販売はいつから?どこで?

あつぎ鮎まつり大花火大会の有料観覧席は、例年7月上旬から販売スタートです。

◆販売期間:2018年の情報がわかり次第追記します。
2017年は、7月1日(土)午前10時より8月4日午後11時59分まででした。(売り切れ次第終了)◆購入場所:・全国のセブンイレブン(マルチコピー機)
・インターネット「セブンチケット」にアクセスして予約も可

有料観覧席の特典って?

①厚木市ゆるキャラ「あゆコロちゃん」オリジナルレジャーシートのプレゼント
観覧チケット1枚につき、厚木市のゆるキャラ「あゆコロちゃん」のオリジナルレジャーシート(サイズ90cm×120cm)を1枚プレゼントされるそうです。
観覧チケットの枚数につきなので、2人シートだと2枚、4人シートだと4枚もらえるということです。
あゆコロちゃんといえば、2014年のゆるキャラグランプリで全国9位だったんですよ♪

②有料席専用トイレが利用可能
有料観覧席の近くに設置された専用仮設トイレを利用できます。
専用だけに、トイレの長蛇の列に並ばなくて済むのは嬉しいですね。小さなお子様連れの場合は特に安心ですね。

スポンサーリンク

鮎まつり大花火大会2018の穴場スポット5選!

定番の観覧スポットは相模川河川敷。こちらは毎年大変な混雑になります。
なるべく混雑を避けたい場合のおススメ穴場スポットを5つ紹介していきます。

穴場スポット⑴ 厚木野球場

小田急線本厚木駅より徒歩約15分の場所にある厚木野球場です。
花火大会当日は野球場が無料開放されます。
野球場ですので、ある程度広さもあり花火もキレイに見ることができるのでオススメです。

穴場スポット⑵ 厚木中央公園

厚木中央公園は、昼間は鮎まつり関連のイベントが開催されています。
本厚木駅から徒歩5分以内と、とても便利です。
また公園なのでトイレも芝生もあり、屋台も出ているのでお祭りの雰囲気を楽しみながら花火を堪能できます。

穴場スポット⑶ 相模三川公園

海老名駅から徒歩約15分。川の合流地点周辺にある相模三川公園も穴場です。
厚木市方面からはすぐ近くに橋がなくアクセスできないので、海老名市から行かなくてはなりません。そのため穴場スポットとなっています。
厚木側からの場合は、国道246号線にアクセスしてから行くことになります。

この公園は芝生もあり、トイレの心配もありません。
公園内にはスポーツ広場があり、そちらも穴場スポットとして人気を集めています。

穴場スポット⑷ 金田第二青少年広場

金田第二青少年広場は、本厚木駅から徒歩30分くらいかかることもあり、比較的空いています。
花火の迫力はいまいちになりますが、まわりに視界を遮るものがないので、とてもきれいに花火を楽しむことが出来ます。芝生もあるので場所取りに最適です。

穴場スポット⑸ 相模川の海老名市側河川敷エリア

メイン会場の対岸となっている海老名市側の河川敷も穴場スポットです。
イベント等も行われないので比較的すいています。
夕方から場所取りをしても間に合うので、昼から行けない方にオススメです。

鮎まつり大花火大会2018屋台情報

鮎まつり大花火大会では、約400店の露店が出され、グルメ屋台としても毎年大人気です!

【主な出店場所】
・厚木中央公園(本厚木駅近く、厚木市役所の正面)
・相模川河川敷(花火打ち上げ場所近く)

 

河川敷については打ち上げ時間近くになるとかなり混雑して屋台での買い物も困難になるほどです。
「厚木中央公園」は、屋台があるだけではなく、例年、ライブなどのステージイベントも開催されるメイン会場の1つなのでおすすめのエリアです。

私いちおしのおススメ屋台グルメは、厚木名物のシロコロホルモン!!

B級ご当地グルメのB-1グランプリで殿堂入りを果たしたものですね。

プリプリッとした柔らかい感触が、他のホルモンにはない美味しさです。是非、ビールのお供に♪

そしてもうひとつ、やっぱり『鮎まつり』といえば鮎の塩焼きですね。

ちょうど良い塩加減、ふわふわの白身がたまりません♪

この他にも、色々なフレーバーのシャカシャカポテト焼き小籠包メイプルラスクなどたくさんあります!一般的なお祭りでよく見る屋台に加えて、地元飲食店などによる出店もありますので、是非、屋台グルメも楽しんでください。

まとめ

あつぎ鮎まつりでは日中も楽しいイベントが目白押し!昼間はお祭り、夜は花火と丸一日楽しむことができます。

やはり混雑が予想されますが、ご紹介した穴場スポットを参考に、是非、夏の楽しい一日をお過ごしください。
屋台のご当地グルメを堪能しながら「2018年鮎まつり大花火大会」で、雄大な花火を楽しみましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です