大岡川の桜2018!ライトアップは?南区桜まつり情報も!

横浜のお花見の時期に、毎年にぎわっている大岡川の桜まつりについて調べてみました。

よくよく調べてみると、大岡川を境に右岸と左岸の中区と南区が手を結んで開催する『南区桜まつり』という一大イベントにつながっていることがわかります。

そこで今回は二つのお祭りの詳細をお届けするとともに、大岡川の桜のついて見頃時期やおすすめスポット・ライトアップ情報やイベント内容について紹介いたします。

 
※こちらの記事もどうぞ♪
>>東京の桜の名所ランキング2018!人気スポットの開花状況やライトアップ情報も!

スポンサーリンク

大岡川の桜2018!基本情報

◆まつり名称:大岡川桜まつり2018・南区桜まつり2018

◆桜まつり会場:蒔田公園

◆大岡川桜まつりのぼんぼり点灯期間:2018年3月24日㈯~4月15日㈰

◆南区桜まつり開催期間:2018年4月7日㈯~8日㈰

◆時間:10:00~15:00

◆ぼんぼりによるライトアップ時間:17:00~24:00

◆住所:神奈川県横浜市南区宿町1-1

◆アクセス:京浜急行『南太田駅』徒歩5分/市営地下鉄『吉野駅』徒歩5分

◆人出数:想定10万人以上

◆お問い合わせ:045-664-2525

大岡川の桜2018!桜の開花予想・見ごろ時期

見ごろ時期は例年3月下旬から4月上旬。

年内に次の時期の桜まつりの予定を公表する自治体はめずらしいのですが、こちらは横浜市南区が開催時期をすでに決定しています。

気候によっては期間内であっても、桜が開花していないか散ってしまった後ということも考えられますが、川沿いの景色を楽しむために各地から、多くの観光客が訪れます。

ライトアップ情報

前年度も大好評だったぼんぼりによるライトアップ期間は3月24日~4月15日と、桜まつりにしては全国的にも長期間。

スポンサーリンク

大岡川の桜2018!南区桜まつりの見どころ

大岡桜まつりは中区の主催。南区桜まつりは、文字通り南区の主催。

桜の開花時期に合わせて、自治体同士が力を合わせて川沿いのお花見シチュエーションをにぎやかにすべく開催される『南区桜まつり』が、この地域の桜の一番の見どころです。

蒔田公園を中心として、川沿いに多くのイベント箇所が設置されます。
イベントマップと称する桜まつり開催時の地図を片手に、桜だけではなくスタンプラリーや多くの出店・催しを楽しむことができるでしょう。

また、大岡川沿いを下流にずっと歩いていくと、川沿いに『福冨町西公園』があり、南区桜まつり当日にはそこでも多くのイベントが開催されています。

人混みが予想されるため、あらかじめどちらかの公園をターゲットに決めていくといいと思います。

当日イベント詳細

2017年度のパンフレットを参考にして、2018年度の南区桜まつりで開催されるであろうイベントを予想してみました。

●模擬店
●バザー
●物産展
●ステージイベント
●スタンプラリー
●水族館
●アートフェア
●コンサート
●お茶席
●そば祭り
●子ども工作教室

いかがでしょうか。ざっと書き出しただけでもイベントの充実度が伝わるでしょう!2018年度にはこの他にも新しいイベントが行われるかもしれません。家族連れでもお子さまも退屈せずに過ごすことができそうですね。

大岡川クルーズ情報

大岡川桜まつりを開催している期間中、川の中から桜を楽しむことができるクルーズに乗ることができます。

事前受付はしておらず、当日の気候をみて当日受付のみで乗船することができるので、乗船上では行列が予想されます。

大岡川乗船大会では、ベネチア5tの大型船なので、一度に25名まで乗ることが可能。

小学生以下無料なので、家族連れでお越しの方はこちらがおすすめ。
Eボート桜クルーズの方は8人乗りの小型船。贅沢に余裕をもって船からの桜を楽しみたい方は、こちらにどうぞ。

◆大岡川乗船大会:横浜日の出桟橋出航・受付12:00~15:00・中学生以上1,000円/人(小学生以下無料)

◆Eボート桜クルーズ:桜桟橋会場出航・受付11:00~15:00・1,500円/人

注意点

例年多くのお花見客が押し寄せる大岡川桜まつりと南区桜まつりですが、会場近くに駐車場がありません。遠方からお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。

各駅からとてもアクセスの良い地域なので、電車を利用することをおすすめいたします。

混雑状況

ぼんぼり点灯期間の中でも、一番マックスで混むと思われるのが南区桜まつりの土日2日間です。
この週末には神奈川県だけではなく、都心からも多くのお花見客が押し寄せるため、人混み指数はとっても高め。

けれども公園だけではなく、広い街並みにまたがってのお祭りなので、動き回る自由度はそれなりに高いと考えられます。

人混みに疲れたら、期間限定の茶屋や蕎麦屋に立ち寄って、ちょっと羽根を休めるといいでしょう。

まとめ

大岡川の桜まつりについて詳細を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ぼんぼり点灯期間に行けば、大岡川沿いの桜並木を楽しむことはできるでしょう。

しかし家族を連れてお花見旅行の計画を立てるのであれば、やっぱり南区桜まつりの期間に行きたくなってしまいますよね。
並んででも乗る価値のある桜クルーズも、外せないイベントの一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です