横浜ストロベリーフェスティバル2018行ってきました!熱気球体験とスイーツも!

6歳の次女
ママ~!赤レンガのイチゴのお祭り始まったんでしょぅ?
早く行きたいなぁ♪

いよいよ2018年も横浜赤レンガ倉庫で始まりました!横浜ストロベリーフェスティバル2018!

2月5日月曜日。小学校も幼稚園も代休だったので、平日に行けるチャンス♪と思い、娘たちと行ってきました\(^_^)/

スイーツやイベント情報の下調べもバッチリ!
記事はこちら↓
>>横浜ストロベリーフェスティバル2018in赤レンガ!日程は?試食やスイーツ情報も紹介!

 

今回は、赤レンガで行われている、横浜ストロベリーフェスティバル2018に行ってきました!ということで、赤レンガ倉庫15周年記念の熱気球体験、混雑状況や実際に食べた限定スイーツ情報など、横浜在住のわたくしが詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

横浜ストロベリーフェスティバル2018!親子で楽しめました♪

まずは1つ目のお目当てである「熱気球」から!

熱気球搭乗体験

赤レンガ倉庫が近くなると、見えてきました!!
いちごの熱気球\(^_^)/

私も子どもたちもテンションアップ!

私も含め、子ども達も熱気球は初めての体験です。しかも可愛いイチゴの熱気球(≧▽≦)

この熱気球搭乗体験は、横浜赤レンガ倉庫・開館15周年を記念した2月5日㈪~7日㈬の期間限定のイベント。横浜赤レンガ倉庫隣りの特設会場で行われていました。

当日の朝8:30から整理券が配られるので、頑張って並びました~。8:30ちょっと過ぎに到着し、無事整理券ゲット!

 

熱気球搭乗は9:00スタート。
気球に乗って、横浜赤レンガ倉庫をはじめ港を行き交う船やベイブリッジなど、横浜みなとみらいならではの景色を上空約10数メートルから楽しめます♪

真っ青な空に赤いイチゴの熱気球が映えますよね!
近くで見ると、熱気球が飛んでいる高さが低め??と思いましたが、実際に乗るとけっこう遠くの景色まで見えました。

頭上ですごい勢いで炎がメラメラとしながら、「ボォーッ!!」と大きな音がするので、6歳の次女が泣いちゃうかな、と心配していましたが全然大丈夫でした。良かった(;^_^A

景色は最高!

10歳の長女
海がキラキラして、ベイブリッジもきれいに見えたね!!

天候によっては熱気球も中止になるとのこと。
2月上旬は雪が降ったりしていましたが、この日は少~し風があったものの、とても良い天気に恵まれました。

熱気球に乗るなんて、普段はなかなかできる事ではないので、子どもたちに貴重な体験をさせてあげることができて良かったです!

◆日時:2月5日(月)~2月7日(水)各日9:00~12:00 (1組 約5分間)

◆場所:横浜赤レンガ倉庫隣り 新港地区7街区 特設会場

◆体験料金:
6歳以上 1人1,000円
3歳以上6歳未満 1人500円
3歳未満 無料

◆:整理券について
・整理券は特設会場内にて当日分のみ8:30から配布されます。
・整理券は並んだ方に1人1枚配布されます。
・整理券を持っていても天候や風の影響により、ご搭乗できない場合もあります。
・整理券は当日限り有効です。

※イベント当日の実施可否については、横浜赤レンガ倉庫公式twitterにて更新されますので確認してください。

 

 

お目当てのひとつだった熱気球搭乗が終わったら、次はいよいよスイーツ!

スポンサーリンク

いちごマーケット

横浜ストロベリーフェスティバル2018・赤レンガ倉庫の正面ゲート付近では、イベントのシンボルの大きなイチゴのオブジェが皆さんをお出迎え!!

オブジェの近くには、わかりやすい大きな案内がありました。
エリアマップでスイーツや雑貨の店舗紹介。パンフレットもココでゲット。

イチゴの無料サンプリングスケジュール・その他イベントの紹介

全イベントの日程一覧

 

次からは気になる混雑状況やスイーツ情報もご紹介していきます!

混雑状況は?

↓イチゴのスイーツが食べられる、特設テント「いちごマーケット」正面入り口です。
平日の朝10:30の列の長さはこの位でした。20人くらいでしょうか?
でもこのすこし後、11:00くらいにはこの何倍もの列になっていましたΣ(゚д゚lll)

この日はイチゴの無料サンプリングがない日だったので、みなさん限定スイーツ目当てだと思われます!席の確保もしなくてはいけませんね!
私も密かに限定50個のスイーツを狙っていたので、この写真を撮ったあと、列の最後尾に足早に並びました(笑)

11:00きっかり!やっと入れます!イチゴの甘~い香りが漂ってきました~(≧▽≦)

↓中はこんな感じ。両脇にお店が並び、中央にテーブル&長椅子がずらーっとありますが、あっという間に満席です(;^_^A

中に入ると、外よりは暖かいですが、お店に並ぶ列を外に逃がすために全部の出入り口が開いているので、やっぱり寒かったです。
↓こんな感じです。やはり防寒対策はしっかりしてお出かけくださいね!

スイーツたちをご紹介

↓私と娘たちの戦利品!!どれも、だいたい3~5分くらい並んだだけで買うことができました。やっぱり平日がおすすめです!

↓次女のお目当て・パティスリースワロウテイルの「ウサいちご」¥650(税込み)

6歳の次女
ウサギさんがかわいくて、イチゴのソースも美味しかった~♪

↓長女のお目当て・創作菓子アトリの「新しくなった!とちおとめのオムレット」¥500(税込み)
こちらは横浜赤レンガ倉庫限定スイーツです!

10歳の長女
中にもイチゴが入っていて、クリームも甘くて美味しかったよ♪

↓私のお目当て・アキズの「あまおう苺のスペシャルプリンアラモード」¥950(税込み)
こちらも横浜赤レンガ倉庫限定スイーツ。しかも1日限定50個!

琴子
1日50個限定、ゲットできた~♪
プリンがとろとろで、マカロンも美味しくて満足!

↓ドリンクはこちら。ストロベリーカフェLECKERの「冬イチゴとマシュマロのホットラテ」
ラテのみの場合¥700(税込み)・マグも持ち帰りの場合は¥1200(税込み)

このマグは飲み終わった後、買ったお店で洗って袋に入れてもらえますよ。
我が家も記念に持ち帰りました。

◆子どもと一緒なら「お茶」を持参するべし!

「ウサいちご」を完食した次女がひと言。

6歳の次女
ねぇママ、お茶ないの?・・・

え・・・(;^_^A
甘いものを食べたので、お口をさっぱりさせたかったようですが、周辺のカフェには「ストロベリーラテ」「ショコララテ」などなど甘~いドリンクがほとんど!!

コーヒーはありましたが、子どもは飲めませんよね。
ですので、お子さんと一緒に行かれる方は少し荷物になりますが、お茶などさっぱりした飲み物を持っていくことをお勧めします!

結局、帰り道の自販機でお茶を買って飲みました。。。

 

スイーツを食べて満足した私たち。
赤レンガ倉庫の雑貨屋さんをプラプラしてから、帰ろうとしたところ、長女の目がいちごアトラクションに釘付けに・・・。

新感覚トランポリン「ジャンプゾーン」も体験♪

はじめは怖がっていた10歳の長女は、自分よりも小さい子が飛んでいるのを見て「私もやってみる!!」と。ビビりの長女、大丈夫かしら(;^_^A
イチゴのヘルメットをかぶり、お姉さんにしっかりベルトを付けてもらい・・・

ジャーンプ!!

その子の年齢に応じて「怖い?」「大丈夫?」「もうちょっと高くする?」などどお姉さんが優しく確認しながら、ジャンプの高さをリモコンである程度、調節してくれていました。

私が「一番上でクルッと回転してみたら?」と言ったら「それは怖くて出来なかったよ~」と長女(;^_^A
でもドキドキしながらも楽しめたようです( ̄m ̄〃)

ジャンプゾーン
◆対象年齢:2歳(12kg)~55kg
◆料金:1回1000円(税込み)
◆場所:屋外スペース

まとめ

以上、横浜ストロベリーフェスティバル2018行ってきました!熱気球体験とスイーツも!をご紹介しました。

お天気も良くて、熱気球もスイーツもジャンプゾーンも体験できて、大満足の1日でした♪
我が家の姉妹ももっといちごが好きになったようです。

大人も子どももいちごの前ではみんな笑顔でした!

横浜赤レンガ倉庫は普段から海風が強く吹きます。防寒対策をしっかりとしてお出かけくださいね。

※2018年ゴールデンウイークのフード・イベントも記事にまとめました。
↓良かったらチェックしてみて下さい♪

>>お台場の肉フェス2018!アクセスは?混雑回避方法6選・人気メニューも紹介!

>>お台場オクトーバーフェスト2018混雑状況は?見どころ・フード&ドリンクメニューも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です