法華経寺の節分豆まき2019!芸能人ゲスト情報は?

千葉県市川市にある法華経寺は鎌倉時代に建立された歴史あるお寺。

ここでの節分会での豆まきには年男・年女やお坊さんだけでなく、有名芸能人ゲストが多数登場してくれるということで、毎年大勢の人でにぎわいます。

今回はこの法華経寺の節分会をご紹介します。

法華経寺の豆まき2019!基本情報

◆神社名:大本山法華経寺

◆開催日:2019年2月3日(日)

◆時間:13:00・15:00(2回)

◆住所:千葉県 市川市 中山2-10-1

◆アクセス:JR総武線下総中山駅下車8分、京成本線 中山駅3分

◆人出数:15,000人

◆お問い合わせ:047-334-3433

◆URL:>>法華経寺公式HP

法華経寺の豆まき2019!節分祭の見どころ

法華経寺は鎌倉時代の1260年に創立された日蓮宗大本山のお寺で、祖師堂、法華堂、四足門などは国から重要文化財の指定を受けています。

また五重塔は加賀藩主・前田利家から寄進されたものです。

この法華経寺では「大荒行」と呼ばれる修業が行われることで知られており、全国から法華経の修業中の僧侶が参加し11月1日~2月10日まで厳しい修行を行います。

法華経寺の節分会には、年男・年女、檀家総代、ゲスト、貫主のほかに、この大荒行に参加している僧侶も登場して豆まきを行うので注目してみてくださいね。

どんな芸能人ゲストが来る?

2017年は魔裟斗さん、はるな愛さんほか14名が参加しました。

2017年法華経寺豆まき芸能人ゲスト
・魔裟斗さん
・はるな愛さん
・桂菊丸さん
・泉アキさん
・奈美悦子さん
・美桜かな子さん
・谷村有美さん
・市川由紀乃さん
・知里さん
・美月優さん
・4年2組さん
・大船わたるさん
・廣原武美さん
・小野次郎さん

ゲストの顔ぶれは年によって多少変わるものの、法華経寺や市川市と縁がある人が呼ばれるため、ほぼ固定されています。

 

 

2018年は、はるな愛さん、奈美悦子さんを確認!

↓他にも、桂菊丸さん、泉アキさん、安藤和津さん、魔裟斗さんも!

掛け声は「福は内」のみ!

法華経寺には鬼子母神が祀られていることもあって「鬼は外」の掛け声はかけないのがルールです。

鬼子母神はもともとインドの女神で、たくさんの子供を産み、その子供に食べさせるために人間の子供を捕まえるので、お釈迦様が鬼子母神の末の子供を隠して彼女の過ちを教えた、と伝えられています。

法華経寺を開いた日蓮聖人は1264年、故郷の房州に戻った際に地頭・東条景信の軍勢に襲撃を受けて大けがを負いますが、この鬼子母神が現れて命を救ってくれたと伝えられています。

そのことから、法華経寺には鬼子母神が祀られているのです。

豆のほかに、お菓子もまかれる

厄除けのご利益があるとされる豆をまいたあとは、うまい棒やグミなどのお菓子もまかれます。
落ちたお菓子を拾うと事故につながるので、落ちたものは拾わないのが法華経寺節分会のルール。

豆やお菓子はステージ近くにいないと届かないので、豆やお菓子をねらうならなるべく前にいることがポイント。

慣れている人は、大きく口が開くバッグや袋を開けて待ち構えています。

法華経寺の節分豆まき2019!混雑状況

豆まきは13時からと15時からの2回、法要後に行われます。

1回の節分会には5,000人以上、2回合わせて10,000人以上の人が参加するので、豆やお菓子が欲しい場合やお目当てのゲストがいる場合は、1時間以上は余裕をもって行き、早めに場所取りをするといいでしょう。

お子様席があるけれど、早めに行く必要がある

とにかく混雑するので、赤ちゃんや小さなお子さんは潰されてしまう危険性があります。

お子様席という別席を利用するといいでしょう。ただし、遅くに来ると人ごみで近づけなくなりますので、早めに来ての場所取りがおすすめです。

駐車場情報

法華経寺には無料で利用できる駐車場(100台)がありますが、節分会は1万人以上が訪れるので当日周辺は非常に混雑します。

車だと身動きできなくなる可能性があるので、公共交通機関を使うのがおすすめです。

まとめ

以上、『法華経寺の節分豆まき2019!芸能人ゲスト情報は?』をお届けしました。

法華経寺の豆まきは2回、15分程度ですが非常に混雑するので、豆やお菓子を手に入れるためには1時間以上前から場所取りをするのがおすすめです。

またお子様席も用意されていますが、こちらも節分会の時間が近づくと混雑して近づけなくなるので、利用するなら1時間以上前に到着しておくといいでしょう。

法華経寺では鬼子母神が祀られているので、掛け声は「福は内」のみです。

小さなお子さんや赤ちゃん連れの場合は、押し潰されないように注意してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です