長瀞船玉まつり花火大会2018!穴場は?場所取り・混雑状況も!

秩父路の夏の風物詩として毎年多くの人で賑わう長瀞船玉(ながとろふなだま)まつりが2018年も行われます。

大正時代から川下りの船頭が水神様をお祀りし、水上の安全祈願と水難供養したことが始まりとされています。

今回は長瀞船玉まつり花火大会2018の基本情報ならびに、穴場、場所取りや混雑状況などの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

長瀞船玉まつり花火大会2018!の基本情報

◆開催日:2018年8月15日(水) ※小雨決行、荒天の場合は延期

◆会場:長瀞岩畳周辺 〒369-1300 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞

◆アクセス:秩父鉄道「長瀞駅」より徒歩約5分

◆駐車場:会場周辺に1000台分点在していますが、今年の無料駐車場は長瀞第一小学校のみ。(※有料駐車場は1日500円から)

◆トイレ:会場周辺に6ヶ所 計50基

◆問い合わせ先:長瀞町観光協会 TEL:0494-66-3311

◆公式ホームページ:>>長瀞船玉まつり花火大会2018公式HP

長瀞船玉まつり花火大会2018!の見どころ

長瀞船玉まつりの見どころは荒川に浮かぶ約1,000基の灯籠、ちょうちんをつけた万灯船の明かりと花火です。

灯籠と万灯船が行き交った後、まつりのフィナーレに約3,000発の花火が打ち上がります。見どころは約200mにわたるナイアガラ花火と連続で素早く打ち上がるスターマイン。

静かに水面を照らす明かりと空に打ち上がる花火。静と動の光の共演が楽しめます。

今年のプログラムは下記の通りです。(公式ホームページより引用)

17:00 万灯船運航
18:00~祭典(水上安全修ばつ祭)
18:20~灯篭流し
19:15~花火大会
20:45 花火大会終了

長瀞船玉まつり花火大会2018!混雑・場所取り情報

灯籠や花火が良く見える岩畳の上は早めに場所取りしたいですね。

しかし、午前9時以前に場所取りをした場合は撤去されるそうです。午前中は人が少ないので、昼頃までにレジャーシートで場所取りし、ランチにでかけるのもおすすめです。

夕方になると、岩畳は多くの人で混雑します。無料駐車場が開放される15時までには会場に着いておきたいですね。

混雑時は岩畳への入場規制を行い、降りられなくなる場合があります。またシートと止めるために置石をしないなどの鑑賞ルールがあるので、気をつけてください。

岩畳は足下が悪く、夜は暗いので危険です。履き慣れた靴と懐中電灯も用意しましょう。

長瀞船玉まつり花火大会2018!屋台情報

会場周辺には例年100店ほどの出店があります。たこ焼き、綿菓子などの定番から仙台牛タンまで屋台グルメも豊富。
長瀞駅から岩畳へと続く商店街はまつり当日の夜も営業します。

↓待ち時間の間に、長瀞名物・阿左美冷蔵(あさみれいぞう)の天然氷かき氷を食べるものいいかもしれません。

長瀞船玉まつり花火大会2018!穴場スポット

人気の岩畳より、一段上の警察本部テント前が穴場、という情報が!!
その他には、岩畳から徒歩10分ほどの「月の石もみじ公園」も荒川に面し、花火を見ることができます。

月の石もみじ公園

長瀞船玉まつり花火大会2018!有料席情報

長瀞船玉まつりは有料席はありませんが、特別観覧場所が設けられています。

この場所へ入るには入場券が必要です。入手方法は以下の2つ。

①船玉まつりへの協賛

 1口(5,000円より)につき1枚の特別観覧場所への入場券がもらえます。

②当日協賛受付

 当日協賛に関しては、現在未定です。

※詳細は公式ホームページで決まり次第公表されます。

さいごに

以上、『長瀞船玉まつり花火大会2018!穴場は?場所取り・混雑状況も!』をご紹介しました。

こちらの灯籠や万灯船はお盆の送り火を兼ねていて、例年7万人の人出があるそうです。

秩父は自然豊かで川遊びも楽しめるので、お盆休みのお出かけに是非とも行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です