高尾梅郷梅まつり2018!開花状況・見ごろは?木下沢梅林もおすすめ!

まだ寒い風のなか咲き誇る梅。

そんな梅を思いっきり堪能したいときは、八王子市の高尾梅郷がおすすめです。
たくさんの梅林を見ながらだと、どこまでも歩いて行けそうな気がします。

今回は、そんな高尾梅郷梅まつりについてご紹介します!
 
※こちらの記事もどうぞ♪
>>関東の梅まつり2018!おすすめスポット5選の見ごろや開花状況を紹介!

スポンサーリンク

高尾梅郷梅まつり2018基本情報

では、まず高尾梅郷の基本情報をご覧いただきましょう。

◆開催地:旧甲州街道沿い、約5キロもの区間に点在している梅林。この総称が「高尾梅郷」です。

◆開催期間:2018年3月10日㈯・11日㈰(梅まつりの開催は例年3月中旬の土日)

◆時間:9:00~16:00

◆住所:東京都八王子市裏高尾町・西浅川町

◆アクセス
JR高尾駅北口から「小仏」行きバスに乗ります。

ここから梅林へと、順番にバスは停まっていきます。
・「小名路」で降りると「遊歩道梅林」
・「駒木野」で降りると「関所梅林」
・「荒井」で降りると「天神梅林」
・「蛇滝口」で降りると「湯ノ花梅林」
・「日影」または「大下」で降りると「木下沢梅林」
にそれぞれ着きます。

※「遊歩道梅林」へは、JR高尾駅から徒歩約15分、または京王線高尾山口駅から徒歩10分でも行けます。

◆梅の本数:梅林の梅を全部合わせて約1万本。

◆料金:入園無料

◆お問い合わせ
産業振興部観光課:042-620-7378
高尾梅郷梅まつり実行委員会:080-6758-1187

高尾梅郷梅まつり2018 梅の開花予想・見ごろ時期

紅白の梅が咲く高尾梅郷では、例年2月下旬から3月下旬ごろまでが梅の花の見ごろです。
満開になるのはだいたい3月初めから中旬ごろになります。

スポンサーリンク

梅まつりの見どころ・おすすめスポット

高尾梅郷の梅まつりでぜひチャレンジしていただきたいのが、4つの梅林をめぐるスタンプハイク。
抽選で賞品が当たりますよ。たくさんの梅林がある高尾梅郷ならではのイベントです。

ほかにも梅の加工品や甘酒の販売、各梅林での屋台、野点や琴の演奏なども楽しめます。

美しい梅林が広がる高尾梅郷ですが、なかでも特におすすめなのが「木下沢梅林」です。
この木下沢梅林だけでも約1400本もの梅の木があり、紅白のきれいな花を咲かせます。

そして、木下沢梅林は、梅の木の保護と園内整備のため、普段は入ることができませんが、梅まつりの期間中だけ特別開放日が設けられているのです。
このレア感がたまりません。

木下沢梅林にはトレッキングコースもあります。
きれいな梅を見ながらのトレッキング、気持ちよさそうですね。

【木下沢梅林】
●問い合わせ:産業振興部観光課:042-620-7378
●入園料:梅まつり期間中は無料
※開園日と開園期間はご確認ください。
※木下沢梅林はペットの入園もできます。

混雑状況


↑2017年3月11日は土曜日でしたが、それほどの混雑もなくのんびりと散策出来るようです。

梅の花は開花時期が比較的長いうえに、高尾梅郷は広いので期間中に人込みで大混雑することはほぼありません。

臨時駐車場もありますが、散策をしたあとにまた駐車場に戻るよりは、近くのバス停からバスに乗って駅に戻る方が楽ですよ。
駐車場から遠いところで子供が疲れてしまったら、なおさら戻るのが大変になりますので、公共交通機関の利用をおすすめします。

まとめ

どこを見てもむせ返るような梅の花に包まれてみたいときに、ぜひおすすめな高尾梅郷。

動きやすい服と靴で、たくさん歩きながら五感ぜんぶ使って春を感じるのもいいですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です