足立の花火大会2018!最寄り駅や屋台は?有料席や屋形船情報もご紹介!

東京都内で夏の始まりに一番に見ることができるのが、足立の花火大会になるのは、ご存じでしょうか?

明治から続いている足立の花火は、100年も歴史があり、約1万3600発の花火が打ち上げられ、夏の夜空を楽しめるイベントです。

駐車場はありませんが、駅から近いのと、荒川河川敷で開催されるのが魅力の花火大会です。
今回は、足立の花火2018!最寄り駅や屋台、有料席や屋形船情報も盛りだくさんに紹介しますね。

スポンサーリンク

足立の花火2018!基本情報

◆イベント名: 第40回足立の花火

◆開催日:2018年7月21日㈯ ※荒天の場合は中止

◆開催時間: 19:30~20:30

◆場所:(会場)荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
     打ち上げ場所→千住側(堤南)

◆アクセス:
JR・東京メトロ・東武鉄道・つくばエクスプレス北千住駅→徒歩15分
または、東武鉄道小菅駅・五反野駅・梅島駅→徒歩15分
または、都営足立小台駅→徒歩25分

※駐車場はありません

◆打ち上げ数:約1万3600発

◆人出数: 約60万人

◆トイレの数:約300基(仮設)・常設4カ所(水洗でない和式)

◆お問い合わせ: 03(3880)5853

◆URL:>>足立花火大会公式HP

      

足立の花火2018!見どころは?

足立の花火は打ち上げ時間が1時間で、昨年の1万2000発から、1600発増えて、1万3600発に増発されました。

足立の花火で、伝統名物の「ナイアガラ」を2重に架ける新企画が実施されます。

連発連射のスターマインやワイドスターマインなどの花火があり、夜空を明るく彩る花火で、夏の始まりを楽しむことができます。

フィナーレでは、たくさんの花火を見ることができるのが、魅力の花火大会です。

西新井側の河川敷や千住側で、土手の斜面に座って観覧することもできます!

ワークショップ情報

足立の花火前には、ギャラクシティでワークショップも開催されています。

小学4年生~中学生までが対象となっていて、花火の模擬玉を体験できるので、どうやって花火が作られていくのか楽しみなイベントの開催です。
気になる方は、こちらを確認してみてください。

※今年度の募集は終了しています。
>>ギャラクシティワークショップ

足立の花火2018!有料席情報

有料席チケット

◆有料席観賞場所 :千住側・西新井側の両方

◆料金:
千住側ブルーシート1席5000円、西新井側ベンチ(3人)1席3000円、テーブル(4人)1万6000円

◆販売開始日:昨年 7月1日(日)10時~販売

◆申し込み方法:
チケットぴあにてご確認ください。
>>チケットぴあ

個人協賛席

◆料金:1口につき3,000円

◆募集期間:平成30年6月29日(金)まで
※プログラムへの指名記載については、平成30年5月10日㈭までのお申込み、5月18日㈮までにご入金いただいた方になります

◆申し込み方法:
◎郵便局・ゆうちょ銀行での振込 
振込をご希望の方には、所定の振込用紙を郵送してもらえます。
※振込手数料のご負担はありません。
お問合せ:一般財団法人足立区観光交流協会、電話03(3880)5853

◎窓口に持参
足立区観光交流協会窓口(足立区役所南館4階)にて、現金で受付します。
※詳細はこちら
>>個人協賛席について
※西新井川側の協会観覧場所が一部変更になっています。こちらをご確認ください。
>>西新井川側協会観覧場所

スポンサーリンク

足立の花火2018!屋形船情報

人混みから解放され、心地よい夜風に吹かれながら美味しい料理と美しい花火!
江戸の粋を感じる屋形船で楽しみませんか?

今年の夏の良い思い出になること間違いありませんね!

>>花火屋形船・あみ達

>>屋形船・網さだ

>>浮かぶ料亭・晴海屋

足立の花火2018!屋台情報

今年初夏祭り〜 ラムネかき氷〜🍧 #足立花火大会 #夏祭り#かき氷

natsumiさん(@xiamei_chan)がシェアした投稿 –

駅から会場までの荒川沿いで、屋台が多数出店されています。

北千住駅から土手側に向かう沿道の屋台はとても混み合うので、屋台での買い物をされる場合は花火が始まる日没前に購入すると、花火を見ながら屋台グルメをゆっくり楽しめます。

屋台はお昼過ぎから徐々にオープンしていて、夜の9時には店じまいするところが多いので、欲しいものは早めに買うといいですよ!

地元の商店街の人が多く出店を出しているので、Twitterなどで情報発信をチェックしてみると、珍しい屋台が見つかるかもしれませんね。
河川敷での屋台は出店禁止となっているので、河川敷での屋台はありません。

足立の花火2018!トイレ情報

子ども連れでトイレが気になる方がいると思うので、トイレ場所の情報です。

荒川河川敷運動公園運動場サッカー場では、トイレが3カ所あり、目の前の土手から花火を見ることができます。

他に、虹の広場ではベンチとトイレがあり、あらかわ福祉体験広場は、ベンチやテーブルもあり、トイレが24時間開放されています。

西新井橋緑地球戯場は、本部のテントとトイレが目の前にあり、尾久の原公園は、花火の場所から離れていますがトイレが完備されてあります。

さいごに

以上、『足立の花火大会2018!最寄り駅や屋台は?有料席や屋形船情報もご紹介!』をお届けしました。

足立の花火大会は、広い河川敷での開催となるので、混雑も多いのですが、扇大橋周辺では毎年見学人が少ない傾向にあり、周辺には高い建物がなく花火もはっきり見えます。

昨年よりも花火の量も増えたので、新企画の「ナイアガラ」も楽しみのひとつになりそうですね!

有料席の購入で席を確保すれば、時間を気にせずにゆったり見ることもできます。

ご家族で、夏の始まりを、足立の花火大会で楽しんでみてはどうですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です