清瀬のひまわりフェスティバル2018!開花状況・見頃は?アクセスや駐車場情報も!

東京都清瀬市で毎年開催されている清瀬ひまわりフェスティバルは2008年に始まり、2017年で10回目を迎えました。

元々は、地元の農園が次の植え付けまでの期間に畑の肥料にするために栽培していたのが始まりで、農園のご厚意で一般に開放されるようになりました。

広大な24,000平方メートルもの農地に約10万本のひまわりが咲き誇る黄金の景色は都内最大級!

今回は清瀬のひまわりの開花状況・見頃、アクセスや駐車場情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

清瀬のひまわり2018!基本情報

◆開催期間:2018年8月18日(土)~8月28日(火)

◆開催時間:9時~16時

◆入園料:入場無料

◆場所:東京都清瀬市下清戸3丁目 石井ファーム・小寺ファーム

◆アクセス:詳細は下記にて

◆駐車場:コミュニティプラザひまわりの臨時駐車場が無料で利用できます ※台数に限りがあります。駐車場からは徒歩10分。

◆お問い合わせ:電話042-492-5111(清瀬市 市民生活部産業振興課)

◆URL: >>清瀬市役所ホームページ

清瀬のひまわり2018!の見頃は?

毎年8月中旬から9月初旬ごろが見ごろです。例年開催期間中に満開を迎えています。
(清瀬市役所ホームページにて開花状況を確認することができます。)

清瀬のひまわり2018!の見どころ

見晴らし台が設置してあり、約10万本のひまわり畑を一望することができます!

特に満開の時期には黄金の景色で圧巻!ひまわりは背が高いので少し高いところからじっくりと見渡してみてください。

期間中の会場では地元で収穫された新鮮な野菜を始め清瀬で栽培されている人参の加工品(ジャムや石けんなど)、ひまわりの切り花や鉢植えの販売なども行われています。

可愛い清瀬のみつばちの顔出しパネルは子供たちだけじゃなくせっかくなので大人も記念撮影したいですね。

会場周辺には休憩所も設置されており、美味しいものが食べられる屋台も出ています。

暑い中にかき氷なども嬉しいですね。それ以外に周囲にお店はあまりないようなので、飲物などは先に買っておいた方がいいかもしれません。

週末になると例年キャンペーンや催し物が開催されています。
2017年は、地元婦人会によるフラダンス、猿回し、また西武鉄道によるチェキで写真撮影をしてくれるキャンペーンなどが行われていました。

スポンサーリンク

清瀬ひまわり畑のアクセス情報

電車

西武池袋線「清瀬駅」北口 西武バス2番乗り場「志木駅南口」行き→「グリーンタウン清戸バス停」下車徒歩6分
※土日のみ無料シャトルバスが運行します(約20分間隔)
「清瀬駅北口臨時バス停→コミュニティプラザひまわり入口バス停」→徒歩7分

関越自動車道所沢IC→国道463号線を東へ→国道254号線を南下「野火止交差点」を志木街道へ西に→志木街道「長命寺前交差点」から南東へ。

※コミュニティプラザひまわりの臨時駐車場が無料で利用できますが、台数に限りがあるため(100台未満)、また特に週末は混み合うため公共交通機関の利用がおすすめです。

駐車場からひまわり畑までは徒歩10分。

さいごに

清瀬のひまわり2018!開花状況・見頃は?アクセスや駐車場情報も!についてご紹介しました。

ひまわりは私有地に植えられているため、期間中以外は見学に入ることができませんのでご注意ください。

都内最大級の清瀬のひまわりフェスティバルは夏の思い出作りにも、もちろん素敵な写真を写すにも最適ですよ。
ぜひ圧巻の景色を楽しみに出かけてみてくださいね。

真夏ですので暑さ対策や虫への対策もお忘れなく!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です