メガネの曇り止め!最強の「アンチフォグ」って?実際に使った効果を紹介!

近視が進んだ小4の長女が、少し前からメガネをかけ始めました。
その長女が少し咳をしていたので、学校にマスクをしていくように伝えたところ・・・

10歳の長女
メガネしてマスクすると、メガネが白く曇っちゃうよ~・・・

そうなんですよね・・・
私もメガネをかけているんですが、花粉症の時期や風邪の予防など、メガネをかけたままマスクをすると、すぐ自分の息でメガネが真っ白に曇っちゃうんですよね( ノД`)

あとはアツアツのラーメンを食べたときなんかも(笑)

それに、寒い外から暖かい電車や部屋に入ったときも、もわ~んとメガネが曇ってちょっと恥ずかしい(;^_^A

このメガネの曇り、なんとかならないかな~と思って調べたところ、効果最強!アンチフォグレンズクリーナーという商品を発見。

実際に長女も私もメガネの曇りを見事に解決し、今は快適なメガネライフを送っています(^_^)

今回は、メガネが曇るという悩みを持つ方のために最強の商品『アンチフォグレンズクリーナー』をご紹介します!
ぜひお試し下さい!!

スポンサーリンク

メガネが曇る原因って?

メガネレンズの曇りは、レンズ表面に空気中の水分が粒状になって付着することで起こります。

例えば、平らなガラス面などに水を1滴たらすと、玉のような水滴になります。
この水滴をすごく小さくしたものが、無数にレンズ表面についている状態です。

この水滴は光を乱反射させるので、白く曇っているように見えるんですね。

『アンチフォグ レンズクリーナー』を塗るとなぜ曇らないの?

アンチフォグをレンズ表面に塗ると、水滴がついても玉のような水滴にならず平らに広がります。
薄く広がって水の膜をつくる状態となり、光の乱反射を抑えます。

ですので、曇らず、視界を保つことができるんですね!!

メガネの曇り止め効果最強『アンチフォグ レンズクリーナー』

正式名称は『SIMON(サイモン)アンチフォッグ レンズクリーナー』です。

長女も私もこの『アンチフォグ レンズクリーナー』を使ってから、確かにマスクが曇りにくくなりました。

⇓こちらの画像をご覧ください⇓

長女のメガネの右側のレンズだけに『アンチフォグ レンズクリーナー』を塗ってから、沸騰したお湯が入っている湯気モクモクのやかんの上で、長女にメガネを持ってもらいました。

『アンチフォグ レンズクリーナー』を塗った右側のレンズはクリアなのに対し、塗っていない左側のレンズは白く曇ってしまい、レンズの向こう側の娘の手やカーテンが見えません。

凄いですよね?

こんなに曇り止め効果が最強なのに、まだそれほど知名度は高くないんですよね~。
私はネットで検索して見つけたのですが、近所の小さめメガネ屋さんでは販売していませんでした。

でも一部の大型眼鏡店では扱っているようです。
そしてここ数年の間に、口コミやネットの評判のおかげで、少しずつ人気が出てきています!

湿気の多い場所など、環境によっては効果を感じられないことがあります。
可能であれば購入前に、眼鏡店などで試されることをお勧めします。

では次から実験した動画や、みんなの感想など順番に詳しくみて行きましょう!

スポンサーリンク

実験映像!

⇓まずは実験された方の動画をご覧ください⇓
※動画の『アンチフォグ レンズクリーナー』はパッケージが古いものですが中身は同じです。
動画37秒のところを是非みてください!効果が一目瞭然です!

twitterでの評判は?

メガネ屋さんも自信をもっておすすめ!

メガネの曇り止め『アンチフォグ』の使い方

使い方はズバリ!ジェルを塗って拭くだけ。
ただ、少しコツがいるので詳しく説明しますね。

【使用方法とコツ】
①レンズのほこり・水分・油分を予め綺麗に拭き取る。

②米粒大の『アンチフォグ レンズクリーナー』をメガネの左右両面のレンズにのせ、軽く塗り広げる。

※レンズの表だけでなく、裏も塗って下さいね。

③1分ほどレンズになじませ半乾きの状態から仕上げに柔らかい布かティッシュで拭きあげれば完成!

拭き取るときの注意
仕上げに眼鏡拭きを使用すると、曇り止め液まで拭き取ってしまい効果が薄れてしまします!ご注意ください。

メガネの曇り止め『アンチフォグ』はどこで買えるの?

一部の大型のメガネ店やネットでも購入可能です!

通常サイズは5g。1ヶ月で約30~40回使用できます。
大容量のお徳用サイズ10gもあり、こちらは約60~80回(2~3ヶ月程度)使用可能です。

1回塗布すると、約24時間以上くもり止め効果があります!

私は今回、初めての購入だったので5gにしましたが、次は10gを購入する予定です。

1回の使用量が少量でかなり伸びますし、スプレータイプの曇り止めの様に飛び散らないし、使用量も自分で調節できますし、かなり経済的!

何よりこの効果を考えたら素晴らしいコストパフォーマンスだと思います!

【仕様変更のお知らせ】
パッケージデザインが変更になりしばらくは新旧デザインが混在した状態となるかも。
容量、効果は変わりません~。

旧デザインはこんなパッケージです。

※2017年11月22日追記
2017年10月12日より再度パッケージが新しくなり、商品名も少し変更になりました。
⇓新パッケージはこんな感じです。

引用元:株式会社サイモン公式HP

改正前:アンチフォッグ レンズクリーナー・ジェル
改正後:アンチフォグ

メガネの曇り止め『アンチフォグ』はどんなレンズにも使えるの?

メガネレンズ、スポーツグラス、ゴーグル、サングラス、工業用安全メガネなどに使用可能です。
超撥水コートレンズにも対応!

スキー・スノボのゴーグルに使えるのも嬉しいですね。
もうゲレンデでイライラしないで済みそう!

ただ、ゴーグルに元々『曇り止め加工』が施されているものには使用しないでください、とのことでした。

あとは、水中メガネ(ゴーグル)、コンタクトレンズにも使えないのでご注意を!

まとめると・・・

アンチフォグ レンズクリーナー対応レンズの注意
・通常メガネレンズ、スポーツグラス、ゴーグル、サングラス、工業用安全メガネもOK
・元々『曇り止め加工』が施されているゴーグルはNG
・水中メガネ(ゴーグル)、コンタクトレンズもNG
お問い合わせ先
株式会社サイモン
047-367-0155

(株)サイモン公式HPはこちら

まとめ

花粉時期、インフルエンザ流行時などはメガネを使っている人にとって『マスクをするとメガネが曇る』という悩みは付きものでした( ノД`)

しかし!
今回ご紹介した、効果最強の『アンチフォグ レンズクリーナー』で、ある程度解決できます!

これから寒くなる時期、マスクをすることも増えると思いますが、ぜひ『アンチフォグ レンズクリーナー』を試してみてください!

視界良好ですよ♪

私も娘も、これからずっと使い続けると思います。

そして使ってみて効果を実感できたら、ぜひ周りのメガネ使用者さんに教えてあげてください\(^_^)/
みなさんもメガネの曇り知らずで快適なメガネライフを~♪

******************************************************************************************
PCスキルゼロの40代主婦の私が、ブログで月収24万円を達成した手法を
全7回の無料メール講座で公開中!☟

初心者ママでも旦那さんに依存せず自ら収入を生み出すノウハウを公開しています。
ゼロから月収10万円を達成するまでの、超具体的な実践記を期間限定で無料プレゼント中!

疑問・質問・お悩みなどもお気軽にどうぞ♪




スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



2 件のコメント

  • コレは、場所にもよる。メーカーに問い合わせして確認済み。あんまる過剰広告みたいな勧誘は辞めて欲しい。メガネ屋で、コレを塗ってもらって、ネット価格より、倍の値段で購入したが、継続するか悩んでいる。この商品は、湿気には弱いらしい。メガネ屋で塗ってもらう時は、湿気が少なめなので、あんまり曇ったり、水滴も付かない。でも、家に帰って来たり、外出しようとメガネにマスクをすると、たちまち曇ったり、水滴が付き出す。運転中も前が見えないから、信号待ちや可能な場所では、ティッシュで拭いてますよ。ショッピングモールに行った時も、食品売り場やと場所によっては曇る。Amazonでも、レビューを見るとわかるが、意見は半々。なので、この記事をたまたま見て、よっしゃ!って思ってる人は、まずはメガネ屋で試しに塗って貰って判断すると良いと思う。この記事だけで、誤った判断をし、イキナリ購入すると、後悔するよ。メーカーも認めてるし、間違いない!最初は、1週間以上曇らないから凄いって思ってたけど、最初だけやった。Amazonのレビューによると、冷蔵庫内での作業では無理とか、大量の汗をかく人はダメだとか。条件が揃わないと、この商品は結果曇って役に立たない!

    • コメントありがとうございます。
      また、本記事で誤解を招くような記載があったことを深くお詫びします。
      申し訳ありませんでした。

      私と長女は長く愛用しているのですが、こまめに塗り直しているせいか、
      日常生活で不自由を感じたことはありませんでした。

      メーカーの方と何回かやり取りをしてから本記事を投稿したのですが
      やはり環境によっては効果を感じられないこともある、などの
      注意喚起も必要だったと反省しております。
      ご指摘いただき、誇大な表現は削除し注意書きを追記しました。

      今後、読者様に誤解を与えることのないよう
      さらに気を付けて執筆してまいります。

      今回は本当に申し訳ありませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です