チームラボ平塚ららぽーとの料金・混雑状況は?割引はラインやキッズクラブ!

今年の夏、かなり話題になったスポットといえば「チームラボ」
やはり有名どころといえば「お台場」や「豊洲」ですが・・・

琴子
この猛暑の中、都内まで行って、しかも子連れで何時間も並ぶのは無理だなぁ・・・

と思い、小規模でもいいからあまり混雑の心配ない「チームラボ」を探してみたところ、見つけました!

私が住むココ横浜周辺で、混雑や駐車場の心配もなく、雨でも楽しめ、期間限定でなく常設の「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと湘南平塚店」です\(^_^)/

ということで今回は、夏休みに子ども達とチームラボ平塚ららぽーとに行ってきたので、料金や混雑状況、ラインで割引できる方法など紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チームラボららぽーと平塚の基本情報

◆施設名:「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと湘南平塚」

◆営業時間:10:00~18:00(最終入場受付17:30)

◆料金:
(1)フリーパス:1,200円
(2)時間制プラン:最初の30分500円 以降30分毎に500円(自動延長)

◆住所:神奈川県平塚市天沼10-1 ららぽーと湘南平塚3F

◆アクセス:JR東海道本線「平塚」駅 徒歩12分、またはららぽーと湘南平塚行きのバスで5分

◆駐車台数:約3,000台

◆お問い合わせ:0463-72-8276

◆URL:>>チームラボ 学ぶ!未来の遊園地ららぽーと湘南平塚店公式HP

そもそもチームラボって何?

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、創造的な人間になることをテーマにした教育プロジェクト。

東京大学大学院の学生を中心に活動を始めた、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター等々の色々な分野のスペシャリストで成り立っているチームです。

日本だけでなくアメリカ、シンガポール、中国、ドバイ、イタリアに常設の店舗を展開中。

 

全世界600万人を動員した大人気イベントの常設店の1つが、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 ららぽーと湘南平塚店」なんですね。

光や音、迫力ある映像が間近で体験できるので、大人も子供も楽しめますし、少し年齢の離れた兄弟姉妹を連れて行っても飽きずに遊んでくれますよ!

私自身もすっかりチームラボの魅力にはまってしまい、私も子どもの頃にこういう施設があったら良かったのにな~って思いました。

次は気になる混雑状況をみてみましょう。

チームラボ平塚の混雑状況は?

チームラボ平塚は規模が小さいこともあり、ひどい混雑はありません。土日祝日であっても、入場するには10~20分程度の時間をみておけばOKです。

ただ、会場内が狭いため、休日などはどうしてもコンテンツの体験に時間がかかることがあります。それでも都内のチームラボで数時間並ぶことに比べれば、とても子連れで行きやすいですよね!

お買い物にも便利で、駐車場の心配もなく、混雑状況が心配なパパママも安心です!!

 

次は料金体系をみていきます。

チームラボ平塚の料金は?

チームラボ平塚の料金は、フリーパスと時間制プランがあります。

チームラボ平塚の料金
(1)フリーパス:1,200円
(2)時間制プラン:最初の30分500円 以降30分毎に500円(自動延長)

※2歳以下無料
※小学生以下のお子様のご入場は、保護者の同伴が必要

上記の料金は、 大人も子どもも共通です。
フリーパスは、営業時間中、何度でも出入場が可能ですが、ここで注意事項!

注意
※途中で、時間制プランからフリーパスへの変更は出来ません。

やはり、断然フリーパスがおすすめです!

本当に魅力的なアトラクションばかりなので、2歳以上のお子さんであれば、1時間では遊び足りないのではないかな~と思います。

会場はそれほど広くありません。お子さんの年齢や遊び方にもよりますが、すべてのアトラクションでたっぷり遊ぶことを想定すると2~3時間くらいみておくと安心です。

チームラボ平塚の2つの割引方法

琴子
何かとお金がかかった夏休み。チームラボ平塚でも割引クーポンとかあると嬉しいんだけど・・・

以前は、ライン@に友達登録をした画面をレジで提示すると、フリーパス料金から100円割引、というサービスがありましたが、今はなくなっています。(2018年9月現在)

でも新しい割引サービスがありました!

1.ライン@のショップカードでポイントをためよう!

ライン@でチームラボを友達登録すると、ラインショップカードを取得することが出来ます。

このショップカードを提示すると500円で1ポイントたまります。

6ポイントためることができればフリーパスから200円の割引に!
さらに30ポイントためると、フリーパスがもらえますよ\(^_^)/

ただし、1年間の期限があるので気をつけましょう。

2.「みついショッピングパーク キッズクラブ」に入会しよう!

「みついショッピングパーク キッズクラブ」は、小学生以下のお子さんを対象とした会員クラブ。

保護者が以下の会員の場合に限り、入会することが出来ます。

『三井ショッピングパークカード』
『ラゾーナ川崎プラザカード』
『ステラモールポイントカード』

入会金・年会費などはいっさい無料、しかも駐車場料金の割引きもあるので、かなりお得♪

ららぽーと平塚では、フリーパスから100円割引になりますが、他にも赤ちゃん本舗やマザウェイズなどの一部商品が安くなったり、フードコートもお得に利用できる特典がいっぱいです。

対象店舗も、ららぽーとだけでなくラゾーナ川崎などでも使えるのでおすすめです!

>>「みついショッピングパーク キッズクラブ」詳細はこちら

 

次から実際に、チームラボららぽーと平塚に行ってきた様子、人気のアトラクションを画像と共に紹介していきます!

スポンサーリンク

チームラボららぽーと平塚に行ってきました!

今回は私とパパ、10歳と7歳の姉妹の家族みんなで車で向かいました。
お昼過ぎに到着しましたが、駐車台数が約3,000台もあるので駐車場難民になることもなく楽々♪

チームラボ平塚は、ららぽーと3階にあります。
この日はお盆真っただ中の8月12日。数組並んでいましたが、待ち時間は5分程度でした!クーラーが効いた屋内ですし、これくらいなら子連れでも安心ですね。

フリーパスを4人分払い、進むと入口手前に下駄箱と自販機があります。会場内は飲食禁止なのでココで水分補給を。

コインロッカーも。

会場内は暗く、通路もけっこう狭いのでベビーカーは中に入れません。入口手前のベビーカー置き場に置きましょう。

いよいよ会場内に入ると、暗くてビックリッ( ゚Д゚)
足元に視線を落とすと、床に大きくてキラキラ光るクジラが!!

最初は神秘的な雰囲気に圧倒されながらも、子ども達はどんどん引き込まれて夢中になって遊び始めました。
大人も子供も楽しめる、9つのコンテンツをひとつひとつ紹介します!

1.光のボールでオーケストラ

転がしたり、たたいたりすると色も音も変化する、「光のボールでオーケストラ」。
これには次女が大はしゃぎ(≧▽≦)

ボールに触って、それが綺麗に光って、音楽も奏でる。子ども達の五感をたっぷり刺激して、みんな楽しそうにボールを追いかけていました。

大きなボールを転がしながら、たくさんの子ども達がはしゃいでいるので、赤ちゃんは体験できないなぁと思っていたら、ありました『赤ちゃんスペース』!ココなら小さい子でも安心です。

次女
ボールをコロコロ~って転がすと、きれいに光るし音が鳴っておもしろかったーっ!!

2.小人が住まうテーブル

我が家の長女がいちばん楽しみにしていた、「小人が住まうテーブル」。

光るテーブルには、小人たちが走り回ったりしていますが、私たちには気づきません。でも、テーブルの上に物や手を置いたりすると小人も気づいて、飛び乗ってくるんですよ!

置く物の形によって、小人たちはよじ登ったり、ジャンプしたり、滑り降りたり・・・。
たくさんの物を置くことで、小人たちは大喜びで遊びます。

目の前の光るかわいい小人やリンゴが自分の手の上に乗ってくれるなんて、子どもは嬉しいですよね(≧▽≦)

手で“通せんぼ”すると、小人がよじ登ってきます♪

長女
小人さんが手のひらに乗ってくるのが可愛かった♪

3.つながる!積み木のまち

積み木を置いて、列車や車など、いろんな乗り物が走る『まち』をつくることが出来ます。
同じ種類の積み木はつながって、なんと乗り物が走り出すんですよ!さらに積み木がたくさんうまく繋がると、乗り物が進化!

子ども達の目が釘付けになっていました♪

4.つくる!僕の天才ケンケンパ

私も子どもの頃によく遊んだ『ケンケンパ』。
チームラボではコースを自由に作ることができるんですよ。題して『つくる!僕の天才ケンケンパ』。

子ども達は〇、△、□を組み合わせて入力していきます。真剣!

自分の作ったコースが現れ、いよいよケンケンパ!
水に浮かんだ〇、△、□の上をケンケンすると音が鳴ったり、同じ形に連続して飛び乗ると大小の〇、△、□が弾けたり、楽しい仕掛けがいっぱいです♪

5.まだ神様がいたるところにいたころの物語

こちらは何とも不思議な名前のコンテンツですが、『象形文字』を通していろいろな世界に触れることが出来ます。
大きな壁に映し出された『象形文字』にタッチすると・・・

その文字がもつ世界が表れて物語が生まれます。
物語に出てくる動物には触ることができ、羊に近づくとダンスをしたり、馬が逃げていくことも!

6.お絵かき水族館

↓「お絵かき水族館」の動画です。自分の描いた絵が、実際に動いていることに喜ぶ子ども達の様子がわかりますよ。

7.お絵かきタウン

チームラボ平塚の中でいちばん賑わっていた、『お絵かきタウン』。人気のコンテンツなのですが、とても混雑しているときもあれば比較的空いている時間帯もあるので、少し時間をずらして様子をみるといいと思います。

壁一面に広がる街。この街はみんなが描いた絵で出来ているんですよ。

絵を描くための紙が用意されています。車やトラック、ビル、UFOや宇宙船などの輪郭が描かれた紙に自由に色を塗ります。

次女は車をチョイス。カラフルに塗りました!

その絵をスキャンして・・・

しばらくすると街に車が現れました\(^_^)/

どんな絵を描くかによって町が変化するのも驚きです!

ついさっき自分が描いた絵の車が目の前で走っているなんて、子どもはもちろん、親も感激ですよね!
子ども達は『見て~!』と、嬉しそうに街の中の自分の絵を指さしていました♪

8.グラフィティネイチャー

こちらは、みんなが描いた色々な生きものたちによって創られる自然の世界、『グラフィティネイチャー』。
描いた絵が動いたり光ったりしながら、床に現れます!
生き物やお花など、たくさんの種類がありました。やはり輪郭は書かれているので小さいお子さんでも塗り絵感覚で参加できるのも嬉しいトコロ。

我が家の長女は“鳥”を選びました。

自分が描いた鳥を見つけるのがなかなか難しい~。動きが早くてブレてしまいましたが、発見!
長女は淡い色が好きなのですが、薄い色だとわかりにくかったですね~。はっきりとした色の方が目立っていました。

すごいな~と思ったのは、きちんと1つの生態系を表現していること。
描いた生きもの達は、他の生きものを食べると増えていきますし、蝶は花がある場所で増えます。 ワニは人が踏みすぎると死んでしまうんですよ。

9.すべって育てる!フルーツ畑

こちらは一番新しいアトラクションの『すべって育てる!フルーツ畑』。
子ども達が大好きな、フルーツ畑のすべり台で、いろいろな種類のフルーツが育ちます。

フルーツだけでなくいろんな色のボールが飛んでいて、ボールが体にぶつかると勢いよく跳ねます。

このボール色には意味があって、水色のボールは水、黄色のボールはミツバチ、黒いボールはなんと汚染されたゴミで種を消えちゃうんです。
フルーツにボールが当たると新たな種がまかれ、次の命へとつながっていく様子を表しているんですね。

まとめ

以上、『チームラボ平塚ららぽーとの料金・混雑状況は?割引はラインやキッズクラブ!』をご紹介しました。

今、話題のチームラボですが、混雑する都内まで行かなくても、ららぽーと湘南平塚に常設店舗があったので助かりました~。
小規模ではありますが、それ故に『ららぽーと湘南平塚』でお買い物ついでに親子で楽しめますし、何時間も並ぶ必要がありません。

我が家の姉妹もとても楽しかった様子で、また行きたいね!と話しています。

子どもの五感を刺激しながら、アートや自然の節理を楽しく学べるチームラボ平塚。かなりおススメなので、ぜひ家族で出かけてみてください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク




おススメの関連記事と広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です